カテゴリー
風の小径 星紡夜話会員記事暫時全体公開 星紡夜話・カスタリアのほとり

【星紡夜話】カスタリアのほとり4・訪問

広場で剣を振るっていたメイシンに、そっと近づく気配があった。 振り返ると、明るい茶色の癖毛に、アクアマリンの瞳に新緑を写した、優しそうな青年が立っている。 「あ~。。」 あんた、守護天使だ。「ひつき」の。 メイシンが言葉 […]

カテゴリー
風の小径 星紡夜話・カスタリアのほとり

【星紡夜話】カスタリアのほとり3・居場所

カテゴリー
風の小径 星紡夜話会員記事暫時全体公開 星紡夜話・カスタリアのほとり

【星紡夜話】カスタリアのほとり2・憧憬

「会いに行ってみる」 唐突に、メイシンは口走った。 目を見張る青い瞳を背にして、”佐守”に焦点を合わせようと振り返ると、 目の前に、金髪の大天使が立っていた。 大天使は表情を動かさず、琥珀の瞳に言う。 「まだ早い」 「な […]

カテゴリー
風の小径 星紡夜話会員記事暫時全体公開 星紡夜話・カスタリアのほとり

【星紡夜話】カスタリアのほとり1・再会

人の気配のない森の中を、メイシンは歩いていた。 左手には剣を携え、うっすらと獣道が通る上を、草をならしながら歩く。 明るい森だが、ひと際明るく輝く場所へ、その道は続いていた。 獣道が開けた先には、小さな泉があった。 降り […]

カテゴリー
風の小径 星紡夜話会員記事暫時全体公開 星紡夜話・桜花

【星紡夜話】桜花2・剣の盾

見透かされた。 それが気に食わなかった。 自分でも気づかなかった感情に翻弄されながら、剣を振るっている自分が。 吐き出すように、彼女は感情の光ごと、大天使に剣をぶつけていた。 倒れるまでやる。 全て出し尽くすまで。 二人 […]

カテゴリー
風の小径 星紡夜話会員記事暫時全体公開 星紡夜話・桜花

【星紡夜話】桜花1・解放

淡い桃色の花弁が、優美にひらめき、舞い散る。 桜の巨木の下で、漆黒の少女は立ち尽くした。 なぜ、自分がここにいるのか分からない。 新緑が目に鮮やかな芝の上、薄紅色の絨毯を敷き詰めるように、花弁を降り撒く桜のそばは、自分に […]