【星紡夜話】第十二章「神闕」

【星紡夜話】第十二章「神闕」 目次

執筆期間:2020年1月11日~ ※執筆中

 

第十二章 

序 「公開処刑~誰の中にもあるミカエル」

【神闕】1・威龍の忠誠
【神闕】2・正当な報復
【神闕】3・永訣の時
【神闕】4・心の居場所
【神闕】5・分岐点
【神闕】6・龍神の悪用
【神闕】7・黒魔術の終焉

【神闕】8・騙し騙される次元で「見る」ことの難しさ
【神闕】9・クリロズ返還式
【神闕】10・悪魔の回路
【神闕】11・魔術の神髄

【神闕】12・未来を信じる
【神闕】13・恐れと屈辱の氷解
【神闕】14・相手の力を制限する契約
【神闕】15・最初の招待者
【神闕】16・サイコハザード
【神闕】17・ふたりで「生きて変える」道へ
【神闕】18・鳥のように自由に

【神闕】19・均衡を取る道へ
【神闕】20・アダムカドモン
【神闕】21・高等魔術の真の師匠
【神闕】22・精神と情動の階層
【神闕】23・性質が異なる「愛」の分別
【神闕】24・「稀代の魔術師」の帰還

【神闕】25・地上の私を形作る原型
【神闕】26・旧態然とした男女関係の変容
【神闕】27・闇の引力
【神闕】28・最終選択~闇を祓う
【神闕】29・次元上昇~再び故郷へ
【神闕】30・「本来の私」を取り戻す

追儀「闇を祓う祈り」

【神闕】31・過去を生きると思考が止まる
【神闕】32・「本来の私」を曲げない強さ

 
 

番外 「十年の結実」
   「終結からシフトアップへ」
   「この人頭おかしい人ね」というご感想に対するご返答
   ドール用の指輪が届きました~「結婚式&戴冠式」

 
 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。