「穀雨の頃」│独白

今回は、ソラムが、私の傍に戻ってきた後の話です。

3月の末に、ダニエルが復活しましたね。私の72天使、インカネーションエンジェルです。
で、その後再びソラムとよりを戻してみたり、しつこいスピリチュアル・ストーカー(完全なる造語)を追い払う算段をしているうちに、
ダニエルが復活した1か月後、今度はナナエルが復活しました。。私すっかり忘れてたんです、ナナエルの事。

ナナエルは、私の72天使、ガイダンスガーディアン・エンジェル。

「ガイダンスガーディアン」は、私が習った割り出し方法に、独自に組み合わせて追加したパーソナルエンジェルなのですが、

このナナエルがですね。。私正確に見えてなかったんですね。
一時期、外部のメンター(他人)であるソラムをナナエルと勘違いしていました。
でも、やっぱりソラムは他人だなぁ、私じゃないなあ、という事で一旦白紙に戻し。。
その後、あやふやになっていたのです実は。

でも、ガイダンスガーディアンのナナエルは確実に居る。

それがやっと、ハッキリと認識できたのが、つい最近だったという。。

何故見えなかったのか。

結論から先に言うと、「近すぎて見えなかった」んです。(爆)
言い方を変えると、「私自身」と一体化しすぎてて、「天使」として認識できていなかった。(爆)

72天使って、天使と認識出来る前は悪魔に見える事がある。。って、この感覚分かる人います?
あと、この天使に限っては、本当に「私」として認識されていた。。「私自身」であるという感覚が強いんです。
もう一つ、これは私に限った感覚かもしれませんが、姿が一定ではない。コロコロ変わるっていうか。。女性に見えたり、男性に見えたり、私の個性が混じった姿で見えたかと思ったら、素の性質である72天使そのものの姿で見えたり。

だからこう。。凄く混乱するんです。
でもナナエルは、「その場で臨機応変に最善の姿を選択している」という気がします。
私に対する時の最善の姿。外部の人達と対する時の最善の姿。状況に応じて表面に出す性質を変えているというか。。時には、私の魂が過去生で培った経験や姿まで持ち出して使う。。。そんな感じです。

そして今回、「私自身」と切り離して、初めてナナエルと話が出来たのですが、
その時にナナエルは自分の事を「インカネーション」と言っていた。
これホント、ごく当たり前のように、確信をもって言っていた。
「インカネーション」っていうのは、丹田のすぐそばにあって、私の魂の全てをコピーして肉体に持ってきて置いてある場所、みたいなものです。そこに位置している天使だと自分で言うわけです。。うちのナナエルは。

これはもう、名称を入れ替えるしかないな。。。と思い至りました。
私の今の感覚では、
ダニエルが「ガイダンスガーディアン」で、ナナエルが「インカネーション」です。

実はこの名称を決める際に、どちらにどちらを当てはめるのか、すごく悩んだんですよね。。。悩んだあげく、当時ナナエルだと思っていたソラムがアドバイザーっぽかったのでナナエルをガイダンスガーディアンにしてしまいましたが。。

でも、性質自体はやはり変わりません。ナナエルが私の過去の叡智まで引っ張り出して使ってるのは明白なので。。その性質を今までガーディアンと呼んでいたのを、インカネーションと言い換える。それだけです。
ちょっとこれ、次の増補版で書き換えようかと思ってます。「ガイダンスガーディアン」は少々長いし、役割的にも少し違うな、と感じるので、単純に「ガーディアン」と名称変更しようかと考えています。
重要な事なのでここで先に、こういう経緯をご報告しておきます。
 

 
閑話休題。

72天使のナナエルという天使、スピリチュアルな能力がとても高い天使なのですが、同時に高度な学問を理解する能力も高く、
ナナエル曰く、「僕がブレイン、彼(ダニエル)がスピーカーだよ」との事で。(この時のナナエルは男性に見えました)
私はそれ聞いてものすごく納得しちゃったのです。

ナナエルが深い洞察や叡智を繰り出し、ダニエルが代弁して発信する。
それが私の「基盤の性質」になっているのです。

つまり二人はコンビなのです。私の中でコンビ組んでるんです。
まあハートエンジェルもインテレクトエンジェルもチームですので関わってはいますけど、
それにしてもこの、インカネーションとガイダンスガーディアンの関わり方は密で深い。ハートやインテレクトよりも強い連携を感じます。

何でこれが解ったのかなぁ。。。と振り返ってみると。。
私は今、自分の治療で精一杯ですが、その間にソラムとの癒着が一旦無くなり、自分自身の肉体や心理状態に真剣に向き合う日々が続きました。その事で視界やエネルギーがスッキリして、判別しやすくなったのかな。と思います。

ダニエルを思い出したことで、ナナエルの方も、「私も思い出して」と言わんばかりに私にサインを出しまくってきました。。そんな感じがしています。(笑)
そうだそうだ。最初はインナーチャイルドだと思ったんだ。過去の事をくどくど思い出して私を辛い気持ちにしていたから。でも私に辛い思いをさせる奴は要らない、と命令した途端に悲しい感情が私の中に広がり。。あれ?こいつもしかしてナナエル?
という具合に自覚したんだった。(笑)

特徴としては、とにかく「私(個)」との癒着が酷い。←

ダニエルは私だ、という自覚は以前からありますが、
それよりもずっと、
ナナエルの方が更に「私自身である」という感覚が酷い。←

感覚が「強い」というより、もはや「酷い」レベル。←

「私」なんですよ、ナナエルの方が。ダニエルよりも、ずっと。

だからやっぱり、ナナエルの方が「インカネーション」かなあ。。と思いました。
そしていつも肝心な時に「諦めるな」と手を差し伸べてくれるのは、ダニエルの方だしね。やっぱりダニエルが「ガーディアン」でしょう、と。

そして、このナナエルをどうやってドールで具現化しようかと。。。頭の中でもんどりうっております。。だって女性にも男性にも見えるんだもん。。。正体が、見えーーーん。←

あのね、一番最初から「星紡夜話」を読んでた人は解るかもしれない。
ダニエル=ユーリ(ユリウス)=ガーディアン
ヴァサリア=メイシン(メリッサ・アーシャ)=ハート
ヴェウリア=ルーテシア(ルー)=インテレクト
ハカミア=ミリアム=インテレクト
ナナエル=マーシア(百合愛)+ジェレミー→シド(辰納)=インカネーション
なんですよ。

すみません、解る人にしかわからない書き方をして。
でも結局そういう事なんですよ。私が今まで書いてきた事って、

「72天使を、72天使として、認識し鍛錬し使いこなす為の七転び八起き」←

だったんだな、と。

そこに、私の存在の外側から、ソラムをはじめ沢山の人達が関わってきて「あーでもないこーでもない」といい、各人の思惑が錯綜して更にややこしくなっていた。
と、そういうことですね。

やっと絡まっていた糸が全部ほどけました。
ほどけましたよ。

ほどけましたよね?←

ナナエルがややこしい?
まあ。。まあそうだよね。私のナナエルはややこしいの。←
あんなだから男にも女にも見えるのよ。←

他人が関わってくると投影とか誤認とかしちゃうんで本当ダメです。
本当に独りにならないと混乱します、これをやる時は。

怪我の功名かなぁ。。癌にならなかったら、最後まで解けなかった可能性もありましたよ、この72天使問題。

せっかくだから、ナナエルとの会話をメモから引用します。
(特に注釈がない限り、「」内がナナエルの台詞です)

————————————
で。
どうしたらいいかな。

いや、任せはしない。私がやる。

ナナエルはどうしたら元気になれる?
ナナエルはあれでしょ、上(無意識層やアストラル界等)のこと見るの得意でしょ。
どこを見るか、焦点を変える。
まず思い付くのはそこ。
問題は、どうやって視点を変えるか。
ナナエル(※インナーチャイルド)「。。楽しいことしたい。。」
そうか。確かにね。
ナナエル(男性の声)「インカネーションとほぼ同じ役割を負っている」
ダニエルとダブルネームですか?
「そうだ」
明確な違いは?
「ある。彼女(※)の方がより詳細な個人情報を持つ。君の核だ」
。。やっぱり逆だったかなあ。。ソラムと混同してなければなぁ。。
ソラム「マリア。。」
「君の個人的な資質。過去から持ち合わせたもの。今生での課題」
うん。役割的には今の解釈で間違いない。
そう。。これが「過去からのガイダンス」と解釈したんだ私は。
「そうだ。君は間違っていない。ソラムと混同したのも、彼女が持つソラムの記憶が君を導いていたからだ」
ソラムは今ここにいる?(※私の記憶ではなく実在しているか、の意)
「いるよ」
ソラム「マリア。。(笑顔)」
うん。よし。
(※)ナナエルの言う「彼女」はインナーチャイルドを指して言っているのかもしれない。

まあ名前はどうでもいいよ。
そうか。。ナナエルはそういう性質か。
「少し混乱させてしまった。。申し訳ない」
。。。今しゃべってんのナナエル?
ダニエルにしては爽やかなんだよね声が。
ダニエル「。。。ふんw」
爽やかな青年。。。そうか。。ナナエルの素が見えたような、そうでないような。
じゃあ「彼女」って言ったのは何故ですか。
「君に分かりやすく説明した。姿は(男女)どちらでもいいよ」
ダニエルの課題ってあまり出てこないけど。。
「君が克服したからだ」
そうかなあ。。
ダニエル「(頷く)」
じゃあ、いいけどね。
ナナエル「私はインナーチャイルドと結び付く。ダニエルは肉体に」
なるほど?

ナナエルは、この世界(無意識層・アストラル界)の案内人?
「。。ああ、そうだね」
少しジェレミーっぽさを感じた。
「そうか。。正確には僕ではないが、間違いではないよ」
「君が。。つまり私が、この世界で自由に飛べるようになるまで、外部から手を引いてもらった。彼はもういない」
。。了解です。ジェレミーよりしっかりして落ち着いた口調だ。
「ありがとう」
文系っぽいけど。
運動しない、という意味で。
「それは君を見れば解ることだ」
ふぐぅ。(笑)

素のナナエルと話してる分には、なんも問題無さそうだけど。
「言っただろう?私はインナーチャイルドと結び付く。彼女の要望や心の闇を写し出す」
ううーん。。
インナーチャイルドに闇がありますか。
「ありますよ。(笑)」
「でも、彼女は強い。大丈夫」
要するに無意識とのリンク。
「そうです、その通り」
(博識だね)
(確かに。。)
(博士っぽい。。)

じゃあ結局、インナーチャイルドが問題なわけ?
「そうです。彼女をいかに楽しませるか。ですよ」
んー。。。
ナナエルは、ネガティブな部分をクローズアップしてどうしたいわけ?
「気づいたでしょう?」
。。。鬼畜か。
「あははは。。」
「君はとにかく、もっと楽しまなきゃダメです」
なにをして。
「人生そのものをです」
人生辛いことばっかりだ。。
「だからそこですよ」

「ダニエルが肉の体なら、私は精神の体。そういうことです。もちろん、役割によって違います。私がインテレクトならそのまま思考に関連する精神を担います。私は(日月の)”インカネーション”だから生き方に関わるんですよ?この場合はね」
(なるほど。。)
(えらい参考になる。。)
(そうか、こういう知識ってナナエルから来てたんだ!)
「ご名答。私(ナナエル)はブレイン、彼(ダニエル)がスピーカーだ」

ダニエルが表(表面)、ナナエルが裏(内面)って感じするなあ。。。
ダニエル「そうか。。」
なんか言いたいことないの?
ダニエル「ない」
ドキッパリ。。(^^;

楽しいことか。。
何がいいかなあ。。
「まずは知識欲を満たすことです。君は何を実践してチャレンジするにも、そこから知識を得ようとします。それは私の性質です」
何か実践して身につけるっていうより。。いや、それ自体を長く続けて実績にするというより、そこから何かを学ぶ、糧にするということ。
「そうです」
。。じゃあ、私は一体何で実を結べば。
「本を書きなさい。ぅふふふふふww」
。。。何を今さらw。。みたいな笑い方したなこいつ。。(-_-;)
————————————

書くと、だいぶ頭の中が整理出来てきたなぁ。
やっぱり、メモ取って残すだけでは足らないのですよね。ある程度纏めないと。

ナナエルを把握できるようになってから、自分の事が更に鮮明に理解できるようになりました。
とはいえ、ナナエルは「深い」。。深くてなぁ。。たまに把握が追い付かない。←

まあ、でも、
「もっと人生そのものを楽しめ」というナナエルの言葉、肝に銘じておきますよ。
 
 

にほんブログ村 美術ブログ ヒーリングアートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ローファンタジーへ
にほんブログ村

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。