「無意識層とエネルギーの色」│独白

無意識層では目まぐるしく、色んな事が起こっているようなのですが、その中で私が書ける事はあるかな。
ここでは、普段の生活の中では見えない筈の、人間の無意識層の話をします。
集合無意識と言ってもいいのかな。人間の意識は、無意識層でも沢山の人達と絶えず交流をしています。その無意識層にアクセスできる人の事をサイキックと呼んだりします。
無意識層にアクセスできるようになると、実際には誰にも言わないで心に秘めている事が、見えたり聞こえたりすることがあります。
ここに書くのはそういった、見える人はちゃんと見ている、聞いてる人はちゃんと聞いてる、無意識層のお話。

以前の記事を消して、前回の記事を上げた後、「エネルギーが変わった」と言われました。
このサイトを見てくださる方の中に、これまでの記事と、前回の記事とではエネルギーに違いがある、と感じられた方がいたようです。
私自身は殆ど自覚はなかったのです。今までより文章が少し丸くなったかな、という程度で。エネルギーそのものが変わったとは思っていなかった。(笑)

去年まで書いてきた記事と、今年に入ってから書いた記事とでは、おそらくエネルギーの質が違っているのではないかと。。

私自身が、エネルギーの変化をしっかり自覚したのは、上の次元でとある施術をした時でした。
私自身がエネルギーを扱った際に、クレアボヤンスで見えるエネルギーの色は、これまでは金色でした。私の上での姿であるマリさんが結界張る時もゴールドの光が出ていたし、描く魔方陣も金色に光っていたし。
でも、古い記事を整理してから、全然違う色に見えるようになりました。色だけでなく、魔方陣の形も全然違っていた。
透明に近い白。その白の中に虹が浮かんだり消えたりしている。そういうエネルギーの色でした。魔方陣の形がまるで、曼陀羅のような幾何学模様。それがずっと回転してるんですよね。。何重にも重なって。いわゆる「魔法使い」が使うような五芒星や呪文入りの円陣には見えなかった。とても複雑に重なり合っているけど、すごく綺麗。

セラがその魔法を使った時。。見る人によってはマリに見えたかもしれませんが、
自分でもちょっとびっくりしました。え、なにこれ、って。(笑)

今まで自分が扱っていたものとは全く違う。パステルで描く曼陀羅アートみたいな、透明で虹色がかったエネルギー。キン、と微かに高い音が鳴っているようにも感じました。
でもこれ、「魔法」を使う時だけかな?と思っていたら、マリさんが結界張った時も、セラと全く同じ白い曼陀羅のエネルギーが見えたので、
あれ?ゴールドじゃないんだ??
と自分でもびっくりしてました。

それらの様子を見て、「クリスタルの光だ。ゴールドが消えたのか」と言っていた人が居ました。
それを聞いてなるほどと思ったんですけどね。どうやら、魂の内側に隠れていたクリスタルのエネルギーが、表に出てきたみたいです。

だとすれば、ですよ。ひょっとしたら、自分が扱うエネルギーの色で、自分の魂の色が推し量れるかもしれません。クレアボヤンスが発達している人限定の見分け方ですが。
私はこれまで、紫色の炎のようなエネルギーを扱う人や、青い光で魔術を施す人は見たことがあります。白い光の人も、私やソラム以外で、一人見たな~。

魔術を扱えない人は、上の次元で、試しに一つお花をイメージして形作ってみて。
色は意識しないで、自分の愛情を形にしたらどんな花になるかな、とイメージして、ハートチャクラの中でお花を咲かせるようにしてみて。
どんな色のお花が出来るかな。。でもそれが魂の色だと確約は出来ないので、目安として試して頂ければと思います。
 
 
 
 
私自身の変化と言えば、見え方も少し変わりましたね。
上に繋ぐと、まるでwiiUを起動した時に出てくるわらわら広場みたいな。(笑)
何もないフィールドに沢山の人が集まって喋っている。最近はそんな風に見えます。
そこに居る人たちが、地上の姿のままで見えたりしますので、あえて言うなら四次元かな。「物質が無いだけのリアル」という感じがします。
なにも意識しないでサードアイを開くと、大抵はそこに繋がります。
。。。あまり、心地よい場所ではないですね。

もっと高次に行くと、最終的には、誰も居なくなるように感じます。そちらの方が、私は静かで落ち着きます。

私のクレアボヤンスには、最近調整が入りまして、今までよりもイメージがしやすくなりました。

「魔法」って、「見えないと」ちゃんと使えないんですね。
クレアボヤンスが発達していないと、エネルギーは正確に扱えない。今回それが良く解りました。私自身、サードアイを調整して見えやすくなってから、上の次元で魔術を正確に扱えるようになったので。
もちろん、今生または過去生でちゃんとした魔術を習った経験がある事が大前提ですが。過去生でも今生でも魔術の経験がない方は、見えるだけでは扱えませんので、使いたいならちゃんと教えてくださる人の所へ習いに行ってくださいね。

そういえば、ソラムはこんな事を言っていた。
「本当にスピリチュアル(魔術)に向いている人は限られている」
向き不向きの事を言っているようですが、ソラムが言うには、
「自身や他人の癒しの為だけにするのではなく、地上のあらゆる事に興味を持って、それを深く探究して行ける人でなければ駄目だ」と。
なんだか矛盾しているようにも聞こえるのですが、ソラムは一つの転生単位で語っているのではなく、魂全体の経験として語っているようです。
「魔術や心理学でなくてもいい。世俗的な事でもいいんだ。一つの事をとことん極めていくと、やがて真理に辿り着く」
そういう転生を、何度も繰り返していくうちに、エネルギーの質も魂(霊性)も極まる。という事です。

これまでずっと記事が長めだったので、ちょっと短くしようかな。
小分けにして上げていきましょう。
後で、もう一つ記事を上げる予定です。
 
 

にほんブログ村 美術ブログ ヒーリングアートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ローファンタジーへ
にほんブログ村

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。