月と太陽の均衡統合と72天使│内観考察

私自身に72天使を統合するパスワーキング」の記事をご覧になった方から、ご感想を頂きました。今回はご感想が主ですが、少しだけ占星術の観点からのお話をします。

まずはご質問くださった方からのお返事です。一部抜粋させていただきました。

————————————–
物語や読み物としてのブログを書く時はかなり推敲するのですが、日月さんにはできるだけ出てきたものそのままをお伝えしたいので、最初に出てきたものに手を加えすぎないようにしています。毎回そうですが、今回特にとりとめなくてすみません。

さて。ブログ拝読して一番に思ったのが、自分の忘れっぽさです。そうですよね、まず太陽で、次に星でって、やりました。私は自分が楽しんで生きていくのが一番なんだって。自覚した筈でした。
なのに新たに足踏み時間が訪れて、チャートの天使たちの性質と睨めっこして自分なりにこうかな?と思う頃には(天使たちが生命樹のどのセフィラにいるかは頭の中に常に意識あっても)自分的最初の一歩が太陽なことをすっかり忘れてしまっていました。
家の間取りや家具配置、家族各人の生活リズムの都合上、紙のワークブックを開けるのは月に一度あるかないかというのが現状で、普段は隙間時間隙間時間にスマホから.pdf版を読んでいます。
何もしないよりはちょっとずつでも取り組めた方が前進できるんじゃないかと思ってきましたが、今回の自分の駄目さ加減に、週に何回か、1時間ずつでも自分だけの時間が確保できるようになってから、思うまま紙のワークブックを広げ生命樹にワクワクと書き込んで取り組んでいくほうが正しい選択なのかな…と思わないでもなく。そういうところも含め、自分自身と相談していくことにしました。
家事の線引き、育児のこと、自分自身のケアのことも。ああ…そうやってがっつりとワークブックと向き合える時というのが、私が隠者の道を歩く時期なのかもしれないですね。

きっと何もかも見直して変えていかないと自分が潰れるよ、という時期に来ているのだと思います。 自分自身の男性性に甘えられたら…内なる男女のバランスが整ったら、もっと協力し合っていけたら状況が好転するんじゃないかと思って、そこから今回の各天使たちのイメージ等々に繋がったわけですが。
まずは太陽でハブイアさんとインナーチャイルドに繋がること、ですね。シンプルで良いです。…敢えて太陽が課題になるくらい自分の好きなこと楽しいことが五里霧中な私ではありますが。嫌なことはわかるけど好きなことはよくわからなくて義務とどっちでもいいことが大半を占める人生から踏み出すぞ! もう本当に、泣きたくなるくらい、何が楽しいかわからないけど。

私が「自然のなかでリラックスしたい」と希望して、例えば家族で山歩きに出かけたとします。天気も良くて最高だとしても、結局、私は山歩きを満喫できないし、楽しむ余裕もないし、リラックスもできないんですよ。
娘が崖側に寄り過ぎないか等々、見守ったり手を貸したりに意識が集中しますし、旦那が娘を抱っこしたならしたで、旦那と私では歩く速さが違うので(この点これまで何度も意見交換してきてはいるのですが)どうにも私の気持ちがリラックスできないんです。そして、疲れてしまう。
他の人ならきっと同じ状況でも山歩きを楽しめるしリラックスもできるんだろうと思います。私が下手なんです。楽しみ下手。リラックス下手。喜び下手。楽しんで見せて、喜んで見せて、本当は心から楽しめてなんかないし喜べてもいない。

インナーチャイルドが山羊座の性質と知って、これまた悩ましく感じています。
頑固!保守的!自己抑制的!
古風な組織人!
…確かに小学生低学年で既に母のことを妹のように感じていましたし、あまり子ども子どもしてなかったな、と。幼稚園の頃は体調よく崩していたし…私が素直に子どもだったのは1歳から2歳の頃だけなのかなあ。

頑固で保守的で自己抑制的で古風な組織人…な子どもの私。 ステレオタイプな楽しい面白いではなくて、私の楽しい面白い…私が私なりに楽しいと感じるもの面白いと感じるものとその感じ方、堪能の仕方があるのでしょうね。

太陽。
いつも心に太陽を。

まずはその太陽を見つけます。
————————————–

ありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい。

基本的には、日常から感じる事を大切にしていればいいのではないかな。。と思うのです。
日常生活の中で、なんで私こんな風に考えちゃうんだろう、とか、何でここで苦しくなるんだろう、と思った時に、パッとワークブックを開いて、今自分がどの辺に居るのかを生命の樹で確かめて。。今の状況がどのパスのテーマなのかが解らなければ、タロットの大アルカナを引いてみる。
まあ、これは私のやり方ですので、もっと他に、この方に向いているやり方があるかもしれませんし、一つの方法として覚えておいていただければと思います。

この方は今本当に大変な時期だと思うんですよ。私は子育てでかなり追い詰められましたのでそう思うのですが。
子供が三歳になるくらいまでは、本当に何も出来ないですよね、自分の事が。好きなことが出来ないってレベルではなく、食事も睡眠もトイレすら自由に行けないっていう、生きる為に必要最低限な事さえ制限された上で、子供にエネルギー吸い取られますからねー。そして全神経を子供の安全の為に使わなきゃいけないわけで。休まる時がありませんよね。
私は「こんな状態が一生続くのではないか、いやそんなはずないけど。。」とぐったりしていました。

こういう状況でも、要領よく周りの協力を得たりして、難なくこなしていくママさんもいるんですよね。おそらく女性性が強い方、特にホドに天使が居る方はそういったネットワーク形成が得意なんだろうと思います。そういう人達からは、「自分だけが大変だと思ってるの? 保育園の先生はもっと大変よ?」っていう言葉を浴びせられたことがあります、私は。(笑)
そんなママさん達には、「三人産み育てる間に抑うつが進行してしまい、起き上がれなくなってしまって、このまま一人で抱え込んでいたら私は子供を殺していたかもしれないって所まで精神的に追い詰められていたのよ~w 投薬治療もして鬱完治するまでトータル7年くらいかかったわ~w」なんて、到底話せませんね。今でも話せません。
いや、そんな話ヘビー過ぎて誰も聞いてくれないわww
まあ、そういうママさんたちは、はなからそういう話を受け止めるつもりもないでしょうし、私も表面的な同情なんてされたくありませんから、ママ友の雑談でも育児期間中の話は絶対にしませんけど。(笑)

育児期間中に私に肯定的な言葉をかけてくれたのは、自動車教習所で子供を預かってくれたベテラン保育士さんだけだったと記憶しています。あと、定員オーバーだったにもかかわらず、何も言わずに長男を保育園に入れてくれた元園長先生。苦しい現状を話した覚えはないのですが、私の状態を察してくださったのかもしれません。あの時保育園に入れてもらえてなかったら私は倒れていたかもしれない。本当に有難かった。

だからもう、この先は子供のお世話からは一切解放されて、自分の好きな事だけをやりたいというのが私の本音なんですよ。三兄弟も全員十代になって手が離れてきましたので、今は家事も子供の世話も適当にしながら好きな事やらせてもらってます。老後の親や夫の介護も御免こうむるわ。私はもう自分がやれる限界までやりました。もう余力がありません。老老介護で配偶者殺しちゃう人の気持ちが解るもん。それくらいなら施設に入ってもらった方がよっぽどお互い幸せに暮らせると思う。すいませんね堪え性が無くて。親や親戚が育児を手伝ってくれてたら、少し違った考え方になってたかもしれないけどね。(笑)

ああすいません。。私の愚痴を書く場所じゃないんですけど。。愚痴を言える人が居ないんですよ。便乗して書いちゃいました。

親としては不甲斐ない限りですが、子供を産んだことは全く後悔してないんだよね。むしろ「次は双子の女の子来るよ」ってサイン来てた子たち産めなくてごめんね、って思ってる。もっと体が丈夫だったら産んでたよ。(笑)

この方は根本的に真面目な方なんだと思います。おっしゃる通り、月山羊座の性質が影響しているのかな、と思うのですが。山羊座って、基本的に奉仕精神的な性質なのですよ。周りに貢献してこそ自分の存在意義が確立維持できると感じる。だから自分よりも周りの事を優先しがちになってしまうようです。
だからそういう性質の全部を否定する必要はないと思うんです。ただ、そんな風に貢献しながらも、自分が楽しいと感じられるような状態になれたらいいんじゃないかな。。と思うのです。

うちの三男も月が山羊座なのです。確かに、家で一番大人びてます、末っ子なのに。すごく現実的な考え方をしますね。
私よく怒られますよ、三男に。「早くご飯作りなさい!」「あれ買って来なさい!」「ちゃんと寝なさい!」って。「宿題やりなさい!」って言ったら逃げるんですけどw
ニュースを熱心に見ては戦争や平和について考えていたり、「サッカー選手やめたら農業やって、ママが困った時に食べさせてあげる」とか言ってる小学生です。
いやー、母としては非常に有難い息子なのですが。。子供に面倒見てもらうつもりがない私としては、もっと自分の好きなことやっていいんだよ?って逆に思っちゃいますね。(笑)

ただ、三男の場合はイエソドに天使が居なくて、ネツァクに天使が居ますので、「子供のように遊ぼう」という感じではなく、感情コントロールが一番の課題になっています。ホドに天使が居る長男と、事あるごとに喧嘩するんですよ。性質が反対だからですかね。毎日叫びまくってうるさいです。(^^;)
同じ月山羊座でも、天使の位置が違うと生き方も違ってくるようです。

自分の事ってなかなか解らないですよ。私もそうでした。自分がいまどんな状態なんだろう、今どこにいるんだろうって、ずっと手探り状態でしたね。
苦労はしますが、手探りでも何とかなるもので。(笑)
私が72天使や生命の樹に出会ったのは、育児の山場を乗り越えてから手探りで始めた自己内観がだいぶ進んだ後だったので、自分の辿ってきた道を生命の樹で理論的に理解し、復習するような感じでした。逆に、理屈で頭に入れる前に経験で理解しておいて良かったと思ったのですが、これはあくまで私の場合は、という事で。

イエソドに天使が居らっしゃる方の場合、そういう苦労をするとかえって道に迷ってしまうのではないかな、と思います。

というわけで、今回は占星術の象意。。特に月と太陽と、72天使達の関係を少し書いてみようと思います。
 
 
占星術に関しては、私はアスペクトを読むのは得意ではないので、基本的な事しか解らないのですが、
一人の人間の一生において、占星術ではこんな流れがあるとされています。

月(0~7歳)基本的な人格、性格、体質等の形成。
水星(8~15歳)知性、知的好奇心、コミュニケーションスキルの形成。
金星(16~25歳)感性、好き嫌いや美的センス、嗜好、理想の形成。
太陽(26~35歳)自分の基本的な在り方、アイデンティティ、生きがいの形成。
火星(36~45歳)社会における活躍の場の形成。
木星(46~55歳)これまで形成したものをさらに展開し、発展させる。
土星(56~70歳)これまで発展させたものから不要になったものを減らし身軽にする。
天王星(71~85歳)これまでの在り方が壊れる。変革、変容。
海王星(85~死ぬまで)無意識レベル、見えない世界との接触。
冥王星(死後)死と再生。全面改革。

月から始まって、成長して太陽で個人として自己確立する、という流れです。その後は社会における成熟期に入ります。
ネイタルチャートの星座の性質が、上記の年齢ごとに強く表に出てきたり、影響してきます。6歳なら月星座の影響を強く受け、20歳なら金星星座の影響を強く受ける、あるいはその性質を沢山学んで発揮する時期である、という感じです。

でも、「三つ子の魂百まで」っていうでしょ。大人になっても子供の頃の性質、月星座の性質って付きまといますよね。
月星座の頃の性質って、ちょっとペルソナ的な部分があると思います。自分が本来持っている気質でもあるのですが、その月星座の性質を乗り越えて、あるいは受容しながら、今生で目指している「本来の自分の在り方=太陽星座」へ完成していかなければなりません。それで皆さん悩んでいるわけで。私もそうです。

私の場合は、月は天秤座で太陽が射手座です。
ある意味、真逆なんですよ。天秤座は周りとの調和を第一に考えるし、体裁を気にするので常に周りの反応が気になるわけです。
でも射手座はそんなの気にも留めない。周りとの協調なんて面倒くせーとか思ってる超マイペースな性質。とにかく自分が定めた目標に向かって突き進みたいから俺について来れない奴は置いてく。という感じ。
天秤座の月はそれが嫌で嫌でしょうがなくて、辛くてね~。
「みんなと仲良くしたいのに。。でも周りの人の都合に合わせて自分のやりたい事が出来ないと生きた心地もしないし。。どうしたらいいの。。」と泣いていたりします。(^^;)
私はこの葛藤に悩まされて、しばらく苦しんでいた時期がありました。

月星座の性質は人格の根本にあるもの、ペルソナやインナーチャイルドみたいなものですから、なかなか変えられませんね。占星術では太陽よりも月の方がその人の本質をよく表している、と言われます。
ですから、月を根本に持ちながらも、太陽星座の性質に沿って、太陽の性質を表に出して生きられるようになると、だいぶ落ち着いてくる、と思うんです。
私は最初、月の性質を脱ぎ捨てて、太陽の性質そのものになればいいのか、と思っていましたが、今はどちらかというと、「月と太陽の絶妙な交わり・調和」かな、と思っています。
占星術では月は母性、太陽は父性なので、ちょっとツインの統合みたいな色合いもありますね。内なる男女の統合にこだわりたい方は、「月と太陽の統合」も視野に入れてみる手もあります。

結局、「月と太陽の均衡」なんだろうと思います。どっちの性質が突出しすぎていても、不具合が起きるんです。

私の場合は、射手座の性質が行き過ぎると周りと協調できないし、寝食忘れて突き進んで体力が持たなくなってぶっ倒れるので、天秤座の性質がそれを中和してくれてると思うんですよ。逆に天秤座が強くなりすぎると周りの意見が気になり過ぎてくよくよし始めるので、射手座が「周りなんか気にしないでやりたい事やろーぜ」と元気づけてくれる感じです。夫婦みたいですよね。
周囲の人達からは、太陽星座である射手座の面が表に現れて見えているのだろうと思います。社会で活躍するのは太陽星座の性質の方ですから、社会貢献の面で言えば、私の場合は太陽射手座の性質がお役に立つのだろうと思います。でも、太陽星座の性質で貢献しようと思ったら、月星座の支えがないと実現が難しいんですよね。
太陽と月の星座が違うと、また少し色合いが違ってくるかと思いますが。ご自分の月星座と太陽星座を照らし合わせてみてください。

その月と太陽の調和の為に、72天使達が力を貸してくれる、という風に考えるとしっくり来るかな。。

どうやって言葉で説明しようかな。。パスに書かれてあるタロットの象意のような課題に直面しているとします。それを乗り越える為のヒントが、そのパスに繋がっている72天使にある、と言ったらいいかな。
あるいは、逆であると感じる事もあります。
72天使が持ってる課題をどう克服しよう。。どうしたら72天使の性質を自分のものとして地上で発揮できるかな、と思った時に、パスのタロットの象意を参考にする、という感じで。

でも、小手先でどうにかしようと思わない方がいいかもしれません。
「今こんな状況なんだ」というのを生命の樹や72天使で掴めたら、じゃあ、今のこの流れに委ねてみよう、もう少し信じて乗り切ってみよう、って思えるんじゃないかな、と。
「意識の方向性だけを決めてやる」って感じでしょうか。意識や思考をどこに向けるかでエネルギーの流れは変わってきますから。意識をポジティブな方向へ向ける。自分にとって一番向いている最短ルートへと切り替える。そんな感じかな。
 
 
話をちょっと戻しまして、同じ記事にもう一つご感想を頂いてました。いつもお世話になっている方からのご感想です。メールを一部転載させていただきますね。

——————————–
今回は、ブログ記事『私自身に72天使を統合するパスワーキング』を拝見し、目から鱗の衝撃(といいますか感動)で、思わずメールを送らせて頂きました。
読んだ瞬間「そうだったんだああー!」と声が出てしまった位です。
家の中で良かったと思いました(笑)

私も、最初擬人化でイメージを作り上げようとしていたんです。
ですが、7人もいてなかなか難しいわ混乱するわで、もう絵に起こそうかな…と考えていたところでした。
姿にこだわらなくてもいいと知り、本当に楽になりました。
ただ、こだわらなくてもいいんだ~☆と肩の力を抜いた途端、パラパラと天使のイメージが降りてきてしまい「あれっ?( ゚д゚ )」となっています(笑)

そのイメージよりずっと前から、自分の中に在った「悪魔」のような人物を「これも自分だ」と受け入れたら、それがミツラエルだった…となった時は、妄想かはたまた私頭がおかしくなったのではと、正直ドキドキしました。
「内なる悪魔」の象徴だったのかな、とも思いますが。
(ちなみに、私も桐生さんと同じくイエソドにいるヤバミアが子供のように天真爛漫に視えていました)
72天使の捉え方・扱い方、とても参考になりました。「能力・才能」と見れば、ぐっと掴みやすくなりますね。

そして、72天使のパスワーキングの例をみせて頂いて、もう本当にハッとさせられました!
私も、ご質問をされた桐生さんのようにイエソドにヤバミアがいます。
マルクト(ハヤイェル・ミツラエル)-イエソド(ヤバミア)-ティファレト(セアリア・イェラヒア)と均衡の柱で繋がっているのですが「前向きに明るく生きてさえいれば自然と天の意志に沿える」の一文を読んで、愕然としたんです。
私、今まで長いこと逆へ逆へと自分を追い込んできてしまったんだと。

カードやチャネリング等で、毎回のように「自分らしく」「楽しんで」とメッセージを貰っても、「でも楽しんでばかりじゃダメなんでしょ」と、楽しむのは苦労から逃げることだ、と思い込んでいました。
(育った環境や外部の影響もあったのだと思います)
ですが、そうではなかったんですね。

ありのままに生きる・人生を楽しむことが、私の生き方だったんだとようやく腑に落ちました。
それは、全部日月さんのワークブックにもはっきり記されていたんです。
取りこぼしているダメ生徒でした(´;ω;`)
改めて、72天使ワークブックの深みを感じています。
日月さんにも、またご質問をされた桐生さんにも、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

自分らしく楽しんで生きる、って、私にはかなり勇気のいる冒険なのですが、頑張って楽しんでみたいと思います。
(幸せ一直線ルート…何故にずっと放棄していたんだろうと思うと、めちゃくちゃ悔しいです(笑))

そういえば、均衡の柱に天使が多い場合は、やはり「ツインフレームと一体化してハイヤーセルフにアクセスするクンダリニー的な方法」はあまり有効ではないのでしょうか?
7天使中、5天使が集中しているので、ツインフレームに72天使の性質を統合するのも男性性一人に全部を統合というより、もう「自分を生きろ!」的な方向で進むのが良いのだろうかと…上手く説明できずすみません><
——————————–

ありがとうございます~☆
はい。あの記事を読んだ「均衡柱イエソド組」の皆さんからいろんな形で反応を頂いてまして。(笑) 嬉しい限りでございます。
これ書いてる私自身が、「慈悲(男性)柱ネツァク組」なもので。。おそらく無意識に、男性性の視点で書いてたと思うんですよ。
でも、そういう偏りにも気づかせてくれたのがあの方の質問でした。私からもお礼を言わせていただきたいと思います。ありがとうございます☆

あの方から頂いた今回のご質問は結構深いんですよ。。一つの記事では全部をお答え出来ないので、記事をいくつかに分けてお答えしてきたいと思ってます。

出来る限りではありますが、私とは違う性質をお持ちの方にも参考になるような記事を書けるように心がけていきます。でもやっぱり、実感されてる方のお話を聞くのが一番参考になる気がするので、女性性の柱に天使が沢山いる方のご感想も、ブログに掲載させて頂けたら嬉しいなぁ。良かったら感想送ってください。

。。ひょっとしたら嫌ですかね? 女性性が強い方は自分の事公開されるのって嫌なのかもしれないな。
書く必要もないかもしれないしな。まあ、流れに任せます。

で、話を戻しますが、
イメージとかサインって、何故か力を抜くと降りて来ますよね。それは素直に受け入れたらいいんじゃないかな~と思います。リラックスが一番。創作意欲がありましたら絵に描いてみてもいいのではと思います、芸術作品として♪ 

そう、ミツラエル!「メタノイア」の天使!
この天使はちょっとだけ他の天使と違う部分があって、他の天使には使われていないヘブライ文字を、ミツラエルだけが持っているんですよ。タロットの象意も「地の悪魔」でしたね。
私にも「悪魔」の象意を持つ天使が居ますが、そういえば悪魔みたいな姿をした奴が私の中にも居ました。ずっと他人だと思ってたけど。。私の中の悪魔だったようで。
変容を司る天使って、悪魔や死のイメージが付きまとうのかもしれません。ルシフェルも然り。私はそう感じています。「メタノイア」って変容そのものなので。

この方は何かの折にメール頂くたびに、「まだダートの闇を彷徨ってる」って書かれていたので、ひょっとしたら、このイエソドの話でダートから抜けられるかな?と思ったりしました。

育った環境、それはまさに月星座の事でもありますね。

イエソドに天使が居る方からご感想を伺って、ここに天使が居る人の場合は、やっぱり「楽しく生きる」っていうのが難しいと感じられる方が多いのだな、と思いました。

72天使の場合、単純に「あなたはこうすれば楽になりますよ~」っていう提示はしてくれません。←
「ちょっと大変だけど、ここを乗り越えたら成長できるし、結果的に楽になりますよ~。一緒にがんばろう~☆」なんですよ。。←
ここが多分、一般的なスピ系のアドバイスと違う所ではないかなと思います。

この方のご質問にあった、
「均衡の柱に天使が多い場合は、やはり「ツインフレームと一体化してハイヤーセルフにアクセスするクンダリニー的な方法」はあまり有効ではないのでしょうか?」
ですが、72天使的にはそうですね。均衡の柱を辿っていくのが夏目さんには一番向いているでしょうし、その方が魂の学びが多く得られるので、意識の成長進化が早くなるだろうと思います。

それでも「ツインの一体化」をやってみたい場合は、先ほどお話した「占星術の月星座と太陽星座の均衡を取る統合」をやってみる、というのはどうでしょう?

これはひょっとしたら、誰でも持っている課題かもしれないですし。。
私の場合は、女性性が金星蠍座の性質にプラスして、月天秤座の性質を持っているように見えるのです。男性性は火星蠍座と太陽射手座の性質が重なって見えています。

男性性=太陽星座+火星星座。
女性性=月星座+金星星座。

これまで自分の上の人の様子を見てきて、確かにそうだったなぁと感じるのです。今更ですが。
いつかのツインの記事には、金星と火星の事しか書きませんでしたが、太陽と月も男性性と女性性ですしね。
この二人が意気投合して協力し合うと、自己実現(魂の目的に叶う社会貢献が出来る可能性)も早まるだろうと思います。72天使も統合を助けてくれるかもしれないし、逆に72天使の性質を発揮しやすくなるかもしれない。。結果的にはそうだったな。この男性性と女性性をくっつける為に天使達があくせくした結果、気がついたら72天使の性質も使いこなせるようになっていた、という感じでしたが。私の場合は。
なので、ご興味ありましたら意識してみてください。

それに加えて、イエソドに天使が居る方の場合は、インナーチャイルドと一緒に楽しむ事も忘れないようにすればいいんじゃないかな、と思います。ひょっとしたら男性性とは親子みたいな感覚になる可能性もあるかな。。月は母性ですがインナーチャイルドでもあるので。
この辺り、私自身は実感が得られませんので、ご自身でやってみてもらうしかないです。

方法は一つじゃないのでね。自分がこれがいい、こんな風にやるのが自然だと思う方法でやるのが一番だと思います。
それこそ本当に、自分の道は自分にしか解らない、人の数だけ方法はあると思うんですよ。

DSC09250
先週「72天使パーソナルチャート」をお申し込みくださった方も、均衡の柱にずらーっと天使が集中している方で、この一連の記事がお申し込みのきっかけになったのかなぁと思いましたが。。
この方はずっと以前から、インナーチャイルドに向き合っておられて、そのうち「インナーチャイルドから源やワンネスに繋がるのでは?」と感じてらっしゃったそうです。
凄いね。。均衡の柱に天使が集中してる方は、感性がとても鋭いのかも。ケテルからイエソドまで真っ直ぐにパスが繋がってるもんね。

この方は、購入に至った経緯をメールで詳しく教えてくださいました。
それによるとこの方、私が独自路線の「72天使」アイテムを作ろうと思ったのと全く同じ動機で、ここに辿り着かれていました。
そういう意味では、私とこの方は同類なのかもしれません。お気を悪くされるかもしれませんが。
全く同じ人間なんていませんけど、それでもどこかに共通点があるから出会えるのかな、と思います。私との共通点はお客様によって様々違います。同じ考え方や感じ方だったとか、同じ性質だったとか、同じ過去生で一緒だったとかね。

一般的なスピ業界の方は、ヒーラーと同じ課題を持っているクライエントが引き寄せられてセッションを受けに来る、と大体の方が考えているんですよ。あるいは「自分は自己ヒーリングもちゃんとやっているからクライエントを完璧に癒せる」と考えている人もいるかもしれませんが。。
実際に、そういう心理療法というか、心理作用があります。なんて名前だったかな。。ヒーラーはクライエントを自分を映す鏡のように見立てて、自分を癒すようにクライエントに接する。そうすることでクライエントだけでなくヒーラー自身も癒されて両得、という方法なんです。無意識にこれをやっているヒーラーさんは多いです。
でもこれ、クライエントとヒーラーの両方に「癒されるべき同レベルの課題」がないと成立しません。
決して、ヒーラーと同じ課題を持っている人ばかりがセッションにやって来るわけではないんですよね。
私は、最初は共通点があるかなと思っていても、ヒーラーさんと話をすればするほど、「やっぱりなんか違う」と違和感を感じるようになりました。そして私も色々傷つきました。

ヒーラーさんもセラピストさんも、そして私も完璧な人間ではないわけですよ。
どこかに課題があって、性質の偏りも必ずあります。

私はなんていうか、ここにこういう文章を書く時は、半分捨て身なのですよ。(笑)
「全員に受け入れてもらおうなんて考えるな、素の自分を晒してそれでも『好きだ』と言ってくれる人だけを相手にすればいい」と。
だから私、誰でも彼でも無条件に受け入れて癒そうとか教えようとか思ってません。
私自身も辛いですもん、そんなやり方。実際にやってみて3年持ちませんでしたわ。(笑)

私は、クライエントの立場でも「自分をちゃんと癒せるヒーラーはいない」と感じたし、
自宅で対面セッションをやっていた事もありましたが、自分がセラピストの立場でも、「この方法ではクライエントを根本的に癒せない。何より自分が激しく消耗する」と感じたんです。

消耗すると感じている時点で、上記に書いた「互いに癒されて一挙両得」な療法になっていないわけです。私の方が一方的にクライエントにエネルギーを与えすぎているって事ですよね。クライエントから受け取ろうとしていないか、「受け取れる要素がない」か、どちらかだったのだろうと思います。

それでまあ、とりあえずセラピスト業を辞めて、自分の好きな事をやりながら、
まず自分自身を癒す事だけを考えよう。今までスピに関わって学んだ事を素材にして、「もっとこうだったらいいのに」「こういうのがあったらいいなぁ」と思っていたものを形にして、自分で使ってみよう。
というのを何年か続けてきた結果、形になったものを、自分の無理のない範囲でシェアするようになって、現在に至る、というわけです。(笑)

だから私、セラピストでもヒーラーでもないんですよ。作家って言えるほどの立場でもない、専業主婦ですから。(笑)
私は、今のこのやり方が一番自分に合ってるみたいです。

肩書とかどーでもいいんです。魂の青写真が果たせていれば。
そう思えるようになるまでは、少し彷徨っていましたけどね。(笑)
いやむしろ、私はちょっと怪しい能力もってる主婦になりたいと思ってます。←
「鋼の錬金術師」のイズミ・カーティスみたいになれたらいいな。(いやそれは危険人物すぎる)

こういう話、今までしたことなかったっけ?
はっきりと書く事はなかったかもしれませんね。感情の整理がついてなかった事もあって、書けなかったのかも。

もとい、自分のスタンスが確立している方は、「ワークブック」の素材をご自分の思うように使って、内観していただけたらいいと思っています。
その上で不明な点が出てきたら、こちらに疑問質問投げていただければいいかと。

こうやって自分以外の視点が解るっていいですね。視野が開けてくる。
 
 
ちょっと脱線しちゃいましたが、とりあえず今回はご質問の一部にお答えしましたけど、答えになってるのかなこれ。(笑)
また残りを後日書きたいと思います。
 
 

にほんブログ村 美術ブログ ヒーリングアートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ローファンタジーへ
にほんブログ村

 


2件のコメント

  1. 太陽星座と火星星座が男性性、月星座と金星星座が女性性ということ、腑に落ちました。
    たぶん私にとっても意味を持つ内容だと思います。
    ありがとうございます。

    私は前に、自分の太陽ふたご座と火星獅子座が好きじゃないな、受け入れられないと感じたことがありました。それは今の私も、私の男性的な側面をきらって受け入れられないことと同じ気持ちなのかと気がつきました。
    わたしが男性的な側面を好きじゃないのは、それでたぶん傷ついたことがあるからだと思うのですが、それは男性性そのものが嫌いなのではなく、傷ついているからだ、と。
    嫌いでいたら男性性は寂しいと感じるかもと思いましたが、私は男性性を愛したいし、いまは少し見守っていてほしいと思ったら、、しばらくしてとつぜん男性性が話しかけてきました、、! 軽快で楽しげな感じでした。やっぱり、軽い、、苦笑。でも、私が受け入れるべきところを、可能性として、楽しい雰囲気でアドバイスしてきてくれました。
    なんか楽しく振り回してくるような?あまり自分ではやらないことに挑戦させようとしてくる感じです。
    本当は私そのものなんだけれど、これから統合が必要だから、それほど今まで離れていたからかもしれません。

    1. まゆみさん

      コメントありがとうございます。お役に立ってたら嬉しいです☆
      「パーソナルチャート」お待たせして申し訳ありません。明日発送できそうですので到着までしばらくお待ちください。
      また何かありましたら、コメント欄でも質問箱でも大丈夫ですのでお気軽に書いてください。コメント欄かブログ記事でお返事させていただきます。

      ちなみに、私の男性性は射手座と蠍座が混じってる感じなので、ざっくばらんでいい加減なくせに妙に惹きつけるものがあるというか。。ミステリアスで、集中力が半端なくありまして。。これと決めた事にはとことん一途な感じです。(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。