「スターシード」の皆さんへ│内観考察

今回は「スターシード」と呼ばれている人に向けての記事になります。
なんか時々、私の事を勘違いされるみたいで、ここではっきり自分の立場を明確にしておいた方がいいのかな、と思ったので、少しだけ書いてみます。
(※2017年10月11日、加筆修正しています。今の自分の意識状態と明らかにズレがある部分を修正しています。)

今回の内容は主にこの三つです。
・「瞑想の扉」トップに「自分探しの為に受けたセッション一覧」を再掲しました。(個人情報保護の為非公開にしました)
・私の魂の色はクリスタルですが、私はスターシードではありません。(※私のソウルカラーは、DNAリーダーのローリー・グドナソン氏に直接確認してもらいました)
・サイキック能力を扱う際のマナーについて。
 
 
・「スターシード」だけがインディゴやクリスタルではない。
インディゴやクリスタルのソウルカラーを持ってるからって、その人がスターシードとは限らないという事です。
「スターシード」って検索したら出てくると思いますが、彼らは最近になって地球に転生を開始した魂グループだと私は認識しています。
だから、地球での転生回数が浅い、と自覚している人が多いようです。
別にそれは良いんですよ。ただそこに、「アシュタールの指示とか命令で」という宇宙系のお話が絡んでる事が多々あり、「インディゴだから」「クリスタルだから」って何故かアシュタールの指示通り動かなきゃいけないみたいな考え方の人が、たまーにいらっしゃるんですね。
私は個人的に、それが気に入らないんですよ。
(※私は、魂の色にこだわり過ぎるのも不具合が起こる要因になるかなと思うのですが、しかし、自分の魂が今どういう状態でどんな性質を持っているのかを知っておくことは、自分を守る為にも、地上で生き抜く為にも必要だと思っています。)

今までは、こういう世界を知らない人が見たら絶対変だよねぇ。。頭おかしい人だって思われるよねぇ。。と思って、お話として書いていたから、頭からちゃんと読まないと解りづらい状態になってて申し訳ないとは思うのですが。

たまーに、私のお話をちゃんと読んでない人が、「あなたも私達と同じスターシードでしょ?」といって私の所にやって来る。

残念ですが違うんです私は。
私は宇宙系ではないしアシュタールは私の上司ではありませんので。

私の”上司”は「大天使ラファエル」の姿をした「私の内なる神性の最高位に位置する存在」です。私のハイヤーセルフは常に「ラファエルの姿をしている私の魂の最高次元」の指示で動いています。それ以外の人の指示は受けていないし、指示されるような立場でもありません。
(※私の認識では、魂は全ての天使の性質を内包しています。天使は、魂全体が持つ性質の一部が人格として現れたものです。大天使は一個人の魂が得意とする性質。
私の魂は大天使ラファエルに表されるような性質で転生する事を得意とし、ラファエルの性質で他者と接する事が多いので、私も地上ではこの性質が表れやすいです、良い意味においても悪い意味においても。72天使のチャートを解読した結果、今生においては、私は地上でラファエルの他に、ミカエルやハニエルやラジエル等の性質を同時に発揮出来るように生まれている事が判っています。)

自分自身もちょっと迷ってた時期があったんですよ。自分はスターシードと呼ばれる魂なのか?と。でも感覚的に違和感がありました。最終的に、私はスターシードではないという認識で落ち着きました。

スターシードって転生回数が一桁とか二桁の人がほとんどだと聞いています。事実かどうかは知りませんが。
私の場合は、地球での転生回数が二桁じゃ済まない。。いや正確な数は知りませんよ。でも、時代考証してもかなり古い時代からずっと転生しているのが解っています。
ずっと一緒に転生していたと思われる、私の相方との転生を遡ってみると、人類のかなり原初の時代までたどり着いてしまいましたので、少なくとも私は最近地球にやって来た魂ではない、ずっと長い間地球に留まって転生を繰り返している魂だと認識しています。

「スターシード」と思われる方との個人的なメールのお返事の内容を、ここに抜粋します。
ひょっとしたらお気に障るかもしれませんが、今の私の正直な気持ちです。

——————————–
私の魂は、地球に初めて人類が誕生した頃に地上に転生を開始したと思われる、かなり古い魂だと私は認識しています。
自分の転生の経験だけを頼りに、魂をクリスタルにまで進化させてきた、という自負がある。
私の相方も、私と同時期に転生を開始している、と降りてきている。

だからね、今頃になって、新参者が地球の意識上昇に関して手や口を出すんじゃないよ、っていう気持ちがあるの。(笑)
単に最近になって新たに地球にやって来た魂グループだっていうだけの話でしょうよ。
偉そうに地球を助けてやろうとかぬかすんじゃねぇよ。古参を舐めんじゃねぇ。てね。(笑)

私のハイヤーセルフは、おそらくその魂の経験を買われて、地球の転生待機場所(中間生と呼ばれる所)で、地上に転生する際の心得とか、地球に関する知識とかを、転生志望の魂たちに教える仕事をしてるらしいです。相方も同様に。
——————————–

(※もちろん私もクリスタルなのでパープルに対する違和感や馴染めない気持ちは同じなのですが、元がパープルから這い上がってきた魂なので、「そんなもんだよ」っていう気持ちがあるんだよね。あの人たちは今パープルの段階だから仕方ない、それぞれの立場で更に上を目指すしかない、という感覚と言ったらいいのか。だから私はパープルさん達をどうこうしようとは思わない。)

ひょっとしたら私がお話の中で書いていた「評議会」っていうのも誤解してる人がいるんじゃないかな。。と思うので書きますが、
私が書いていた「評議会」というのは、ホワイトブラザーフットとかアシュタールが指揮してる宇宙系の評議会じゃないです。これはどこかの記事にも一度書きました。
私のハイヤーセルフが所属している「評議会」には、宇宙系の人は居ません。
(※最近の見解を少し追記します。今まで「評議会」と書いてきたものは、私が所属しているグループソウルです。そこには私と同じような経験をしてきた人達が集まっている。過去に一緒に転生していたソウルメイトに、私はそこで沢山出会いました。
そのソウルグループには、地球における経験が豊富な魂達が沢山いるようです。)

自分の事を「宇宙系」だと認識している人は多分、地球の情報が欲しいんだよね? 情報がないと住みにくいもんね?
普通に聞いてくれればいいのにさ。。勝手に見えない次元で境界線侵犯して情報引き出そうとする人がたまにいますが、それ絶対やめてください。ほんと失礼だわ。
(※最近、その「宇宙系」と自称する人達が、どうやら宇宙系ではなくてただの「コソ泥系」なのではないかと気づき始めたのですがどうなんでしょうね。宇宙人のフリをして自分に有利になる情報を他人から盗もうとしているだけの人、が、私の周りに居たようです。
私は元々「宇宙人?何それ美味しいの?」っていう人なのですが、どうやら、私の周りで宇宙人騒ぎをしていた人達は、アストラル界の幻想を悪用していた人か、それに惑わされていた人か、のどちらかだったようです。)
そんなわけなので、
知りたい事があるなら正面から聞いてきてください、メールや問合せフォーム等を使った物理的な手段で。お願いします。
 
 
・サイキックの扱いについて
これは個人的なメールのお返事に書いた内容ですが、生まれつき能力があって「見えたり聞こえたり」が日常茶飯事の人は時々、相手のプライバシーを侵害している事に気づいていない事があるので、こちらにも転載しておきます。

——————————-
私はね、自分の方に飛んでくる思念は読めますよ。だから自分がどう思われてるかは大体わかる。でも自分からは読みに行きません。
てか、エンパシーをコントロール出来なかった頃は人のドロドロした思考や感情を散々浴びたから、あんなの経験したら他人の心の声なんて聞きたくなくなりますよ。こんな能力いらない、早くなくなれって思ってたから。(笑)

キッチリしたスクールでは、例え他人のオーラや何かが見えたとしても、聞こえたとしても、それを本人から「教えてくれ」と言われない限り本人に言っちゃいけないし、他人に言い触らすなんてもってのほか。という教育をされます。
カウンセリングでもそうなんですけど、クライエントとのやり取りで得た情報には秘匿義務が課せられます。スピ系のセッションでもそれは同じはず。
オーラとかは個人情報の領域なんですよね。個人情報保護法は見えない世界にも適用されるべきだと思う。(笑)

それに、本人が自力で気づかなきゃいけない事を、「見えるから、聞こえるから」という理由で教えてしまったら、どうなると思います?

本人が受け入れる準備が整っていない状態なのに、その事実を告げるのは、残酷な事ですよ。

みんな見えない世界では繋がってるから、って思うでしょ。上の世界が解る人は特に。
でも、今私たちが居るのは地上なんですよね。
——————————-

あと、先日ツイッターで呟いた内容も転載しておきます。


後で判りましたがこれ、ドラゴン系のエネルギーでした。
このツイートしたらぴたりと止んで楽になりましたので、悪意はないと解ったのですが、いわゆる「ありがた迷惑」の典型的な例ですので、ご参考までに。

肝心な所はここです。
「本人に許可なくエネルギー送るのはマナー違反です。相手が運転中だったりすると事故る可能性もあるので必ず日時確認して許可取ってね」

本当に危ないから絶対やめてね。お願いします。

他人からエネルギーの干渉を受けていると、なかなかリセットが出来ません。
フラットな状態になれないんですよ。つまり本来の自分のエネルギーが解らなくなってしまう。
その為にあらぬ誤解や誤認識が起こってしまう。お互いに何も良い事がありません。
なので、他人に干渉するのはやめましょ。
そして、一日に一度は、外側からのエネルギーをシャットアウトして、自分のエネルギーだけを感じる時間を設けましょ。「自分のハイヤーセルフだけに繋がる」と意図するのでいいです。

見えない世界で何かするよりも、地上で協力し合う事を考えた方がいいと思うんだよね。
見えない世界の事は、地上でこそ活用すべきなんだけど、その活用の仕方を、少し考えてみて?
。。と、私の片割れ(男性性)が言っております。

もう一つ、「見えない次元で見えたり聞こえたり繋がっているはずだから、相手もきっと解ってるはずだ」なんて思わないでください。
良識のある人は、相手の事を勝手に覗いたり聞き耳立てたりは決してしません。
言葉で伝えられることは、ちゃんと口や文字を使って伝えてください。人間関係がこじれてしまいますから。
もう一度、地上という制限のある世界に生まれてきた理由を思い出して、あるいは考えてみてくださいね。
 
DSC01385 
何年か前には、別の「スターシード」と思われる方とこういうお話をした事もありました。こちらも個人的なメールのお返事から抜粋します。

——————————-
(前略)
偶然見えてしまうのは仕方ないと思うんですが、それでも言わない方がいいと思いますし、意図的に覗き見するのは論外で、それこそ相手に対する冒涜だし、境界線を弁えない礼儀知らずな行為だと言われていますので、そういう所からも、信頼できるヒーラーさんかどうかを判断できると思います。

ソウルカラーにどんな色があるかについて。。私も全ての種類を知っているわけではないのですが、
一般的には第五根人種のパープル、第六根人種のインディゴ、第七根人種のクリスタル、さらにその先に現れていると言われているのがレインボーチルドレンですが。
レインボーに関しては正直良く解りません。過去生やカルマが全くないと言われていますが、親からもらった肉体的な遺伝子から来るカルマも存在しないのか?と、ちょっと疑問に思う事もあり。。クリスタルチルドレンも、魂の表面に虹色が浮かんでは消え。。というのが見えますので、どう違うのだろうか、と。
実際にレインボーと言われている子に会ってみたいな、と思いますが。

DNAリーディングでは、クリスタルの事を「他人を映し出す鏡」であるとか「教師である」とよく言われているようですが、レインボーに関する情報は聞いたことがないです。私が聞いたことがないだけかもしれませんが。。
逆に、シータヒーリングではレインボーに関する情報や講座もありますが、クリスタルに関する情報はないです。インディゴから素っ飛ばして、いきなりレインボーなんです。この辺りもどうなのかなぁと思って。
シータヒーリングの本に書かれているレインボーの項目を読んでいると、今の自分にも当てはまる所がある、と感じます。
ひょっとしたら、人によって見え方が違うだけ、という可能性も、なくはないかと。

インディゴの件。。私の場合、インディゴのチェックリストは5割くらい該当、クリスタルのチェックリストには9割くらい該当。。しました。
小学校の算数のテストで0点を取りまくってた自分を思い出しました。。中学になっても50点以上取れた試しがなく。。音楽の道に進んだことで、私の数学は高校一年で終わりましたけど。(笑)

ただ、私はいわゆる「スターシード」ではないようです。地球に来たのが今回が初めてではなくて、かなり前から地球への転生を繰り返していたようです。私のアカシックレコードをリーディングしてもらった時に、地球上の地名が結構出てきたので。。
だから多分、二種類の人が居るのではないかな、と思います。最近初めて地球に来た人と、ずっと昔からいる人。

今回の私の転生で、一番はっきりと解っている転生の動機は、「今度こそ終わらせる」でした。
何を終わらせるんだ、て感じですが、前回までの転生で何度もトライして、そのたびに終わらせることが出来なかったカルマを終わらせる事、だったようです。
つい先日の満月直前、その「カルマの輪廻からようやく抜け出した」ような感覚になりました。これでやっと本来の自分らしい転生が出来るようになると。

すると、今まで見えていた未来世というか、「次の転生」の様子が、ガラッと変わりました。次の転生で一緒になるパートナーも、自分と対等以上と思われる、自分が心から尊敬できる魂の持ち主に変わったのです。。。上での一連のやり取りがちょっと面白いので、ハイヤーがOK出してくれたら公開できるところはブログに書こうかなと思いますが。。。書けるかなぁ。(^^;)
(※↑「星紡夜話・新章」としてブログに書きました。現在は非公開)

スターシードのくだりで一つだけ気になったのが、「地球に転生する為にアシュタールと契約をしてきた」という所でした。
「契約」と聞くと、嫌な事しか思い出さない、という個人的理由もありますが。

○○さんの感覚が、地球に生まれた理由を思い出させたように、私たちは決して強いられてきたわけでもなければ、「高次の存在」に命じられて動くわけでもない、という事です。というか、本当の高次の存在は命令とかしませんし、「あなたにはこういう使命があるから」とか言いませんしね。基本、「見守り隊」で、私たちのやりたいようにやらせてくれるし、高次の存在の方から地球に生きる私たちに対して一方的な干渉はしません。地上に居る私たちの許可なく、介入はしてきませんので。

「使命感」が強すぎると、ふとしたきっかけで、低いレベルの存在に使命感をダシに利用され、エゴを肥大させられる可能性もあるので、その点だけ注意していればいいかなと思います。あのアシュタール関連の著書からのスターシードの引用文は、真実がアストラル界で歪められて降ろされた感じがするなぁと思ったので、ちょっと書いてみました。

でも、インディゴは勇者だと思いますよ。インディゴの性質を良く表している言葉だと思います。クリスタルになると、そういう性質が少しだけ丸くなる、というか、より超越した視点から、調和とバランスの方に重点を置くようになります。でも真の調和を築くためには、まず自身の真実を貫き、古い慣習に屈しない確固たるアイデンティティを築かなければならないので、インディゴの戦士や勇者のような性質はその為にあり、クリスタルの段階に進む為に必要な布石だと思っていただいたらいいかなと。

基本的に、自分の存在次元より外側のものは見えないですね。「真の自己」と出会う為には、アストラルレベルで展開される「幻(エゴが作り出すもの)」を超えなきゃいけないのですが。パープル世代の意識レベルでは、なかなか難しいのではと思います。
なので、今のスピ業界で出回っているチャネリング情報も、5次元止まりだと思っていいと思います。そんなに高次の情報ではないです。
もしくは、高次の情報が5次元で歪められた状態でチャネリングされている、と考えてもいいし、降りてきたものをどんな形で表現するかは、チャネラーさんの意識の高さやイメージ力、見えたものを客観的に把握する力も必要ですし、これまでの経験と知識にも左右されると思います。

でも、最終的に、自分の苦しみを救えるのは、自分だけなんです。
苦しみを享受する自分を変える為にも、本当に意識を変えて、波動を上げたり存在次元を引き揚げようと思ったら、短期間でも独りになる時間が必要です。スピ業界の大手や、手広くワークショップ等を展開しているスピリチュアルグループに決定的に欠けているのがこれです。

これをパープル世代の人に言うと、高慢だとか、独りで生きているつもりかとか、皆で心(意識)を一つにしなきゃ、などと言われたりしますが。その方法では、自分の内に眠っている、既に持っているはずの真理には近づけない。自分自身が持ち合わせている真実でなければ、真に苦しみを解放する事は出来ませんから。

どれだけ手厚い相談や援助を受けても、どんなにすばらしいと感じる宗教の教義を信仰しても、今の苦しみを創り出した原因を探り、その暗闇と向き合い、その原因となった己の弱さと、自分が持つ本来の力と可能性を自覚し、ひとりで立つ決意をしなければ、
どれだけ周りの人が、親身になって支えてくれようとも、その苦しみから抜け出す事は出来ないんです。

周りの支えがなくなってしまえば、元の苦しみが再び襲い来る。。。というのであれば、何に頼っても同じ。頼る対象を変えても結果は同じです。
支えがなければ崩れ落ちるというなら、スピリチュアルな手法に頼るのも、確かな病院や親族に頼るのも、その人にとっては、大した差はないです。

誰かが支えてくれているうちに、独りでも乗り越える、と決意すること。
独りの静かな時間を取って、少しずつでも自分自身と向き合い、対話してみる事。

「人の意識が成長する」なんてことが、そもそも商売として成り立つわけがないのです。

なんていうかな、援助は時として障害になるんです。
自分の苦しみから逃れるための「逃げ場」になってしまう。そしていつまでも自分を苦しめる原因と向き合えずに、ずっと自分を誤魔化したまま、「本当は苦しいけど、これをしていれば忘れられる」みたいな、まるで何かの中毒患者みたいな生き方になってしまう。それでは何の学びも成長もありませんから。

私が自分を苦しめる根本的な原因を手放せたのは、本当につい先日、満月の直前だったのではないかな、と思います。
そう思うと、長かったね。。それでも、生まれる前の私は、一生かけて終わらせるつもりでいただろうから、最大の山場を10年で乗り越えたのは、むしろ早い方なのかもしれないですね。(笑)

でも、まだまだこの世的な感覚で刷り込まれた古い既成概念とか、もう不要な悪い癖を取り除かなきゃいけないので。。それはきっと、この人生が終わるまで続くだろうなと思います。
それは、「この世」とは一線を駕す視点を持つ事かもしれないし、ある意味では「この世」との決別を意味する事かもしれないのですが。
今の私が出来る、可能な限りの事をし尽して、ベストな状態で、次の有意義な転生に繋げていきたい。
今までは望んでも手に入れる事が出来なかった人生を、今度こそ、次の転生で、やっと生きる事が出来るんだ、ということが解っちゃったからね。がんばります。(笑)

作法に関して。(チャネリングや高次とのアクセスに決まりきった儀式が必要か、というお話)
上の方でも少し触れましたが、形式だけの作法なら不要だと思います。そんなことしなくても繋がれるし、むしろそういう作法や儀式をしていれば満足な人は、実際中身が伴っていない場合が多いと思います。でも、彼らはこれで大丈夫なんだと思ってるんですよね。実際、そういう人たちの意識や心は、祈りの作法の最中、どの方向に向いているんでしょうね。

肝心なのは、神聖なものを愛する心。遠くへ拝んだり、自分の外側から招くのではなく、親しみ深く、自分自身の内に既に宿っているという感覚。それがあればわざわざ大げさな儀式をする必要もなくなるし、神性を敬愛する心が、自然と形になって態度に表れてきます。それこそが美しい作法であると思います。

自分の中に真理を見出せない人、軸を掴めない人は、何でも型にはめないと不安になるのだと思います。そういう意識レベルでは、高次のエネルギーを感じにくい、理解しにくいからだろう、と私は思います。だから、決められた型通りにやっていれば安心、という無意識が働いているのではないかな、と。
(後略)
——————————-

公開できそうな所だけ抜粋しました。

私がね、こんだけ自分の個人情報を晒して書くのは、結局インディゴさんが好きだからですよ。
パープルさんよりもインディゴさんのお世話をしたい、と私のハイヤーセルフは思っているようです。
今まで、ハッキリとインディゴさん向けに書いてきた記事はほとんどなかったけど、今回は自分の立場をハッキリとさせたいのもあって、書いてみました。

でも、地上に居る私は、基本的に自分の好きな事しかできない人間です。
他人の為に献身的に行動すると、途端に消耗してしまいます。
だから、自分がコレしたい、コレ欲しい、と思うものを作ったりする事で、誰かの為になればいいな、と思っています。
「72天使パーソナルチャート」も、今作ってる精油も、タロットbotも、元々は私が自分で使いたくて作ったんです。自分の為に。(笑)
自分が欲しいものを作って、余力があれば周りの人にもお分けする。そのスタンスは今も変わっていません。
(※今生は職業ヒーラーになる為に生まれてきたのではないので、奉仕系職業には就かない、という意味です。ただ、私の魂の根幹には「奉仕」というのがどうしても在るので、私が好きでしている事が最終的に奉仕になればいいと思っています。)

でも、自分で限界までやってみて、それでもダメで本当に困ってる人なら、私は放っておきませんよ。本当に頑張っている人であればね。

書く事は私の自己表現ですから、やめる事はないと思います。
そんなわけで、こんなクリスタルもいるんだ、という事だけ、知っておいていただけたらいいかな、と思います。

ここは、学びの地です。
私にとっても、「スターシード」の皆さんにとってもね。
謙虚さを忘れないで。何かに貢献しながらも、何かを改革しながらも、自ら学び成長する気持ちを忘れないでくださいね。

最初からある程度、意識が発達している状態で地上に生まれているから、自分よりちょっと下だと思うと、無意識に優越感を感じたり、「教えてやろう」って思うスターシードさんもいるみたいです。
でも、良心的なパープルさんの力を借りなければ、この地上では生きていけないと感じているスターシードさんもいます。転生回数が少ないという事は、それだけグラウンディング力も弱いという事です。地に足つけて堅実に生きていく事を念頭に置いてください。

インディゴには、まだまだたくさん「伸びしろ」がありますから。まだまだ、今の自分をもっと高められる機会が、地球に居たら沢山ありますよ。
これは自戒ですが、クリスタルだって、油断してると波動堕ちますよ。地上には様々な人が混在していますから。程度の低いものに同調していてはダメですね。
地上の生活を楽しみながら、お互いに頑張りましょ☆
 
 

にほんブログ村 美術ブログ ヒーリングアートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ローファンタジーへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。