黒執事展に行ってきたよ。│催事報告

この記事をどのカテゴリーに入れるかでしばし悩んだ。(笑)
私、元々アニメオタクなのに、いま全然そっち系やってないからなぁ。

。。実は、黒執事もアニメはおろか、原作も読んでいません。←

良いのかそんなんで。←

うん。実はカスタマイズユノアを目当てに行ったのですが、原画展自体もすっごく堪能して帰ってきました。原作知らなくても楽しめますよ。絵描きさんなら特に。

というわけで、名品市の後、「黒執事展」を見に行ってきました。

 

DSC01373

会場は撮影禁止なので、お土産を自宅撮影。
前売り券で入ったので、おまけの缶バッジもゲット♪
しおりは、パンフレット買ったらもらえます。

私が一番興味深く見ていたのは、線画です。枢やな先生はPCに取り込んでから色つけるらしいのですが、その取り込む前の線画がすごく面白かった。プロのお仕事を見せて頂いたなぁ、と感嘆しきり。

線画と完成画を見比べるのも楽しい。私は、お絵かきソフトとの相性が悪いみたいで。。PCで絵を加工とか出来ないのですが。。そのくせ、手描きの絵も雑なのよなぁ。根気っていうより、我慢が足らない気がするよ私は。。先生の緻密な描き込みに、ただただ溜め息。

ほとんどがPCで色つけたとあって、彩色が鮮やかで美しいです。でも、数点手描きのイラストがありまして、私個人はそちらの方にぐっと惹かれました。やっぱり味があるんだよね、手描きって。
ちょっと予測不可能な所が、怖くて面白い。特に水彩色鉛筆とかは。どこにどう色が広がっていくか解らないとか。描いてくとだんだん予測がつくようになってくるけども。。それでも完成するまで解らんとかね。失敗が逆に功を奏したとかね。結果を委ねる感覚がないと寿命が縮みますね。(笑)お絵かきって面白いです。

他にも興味深い展示が色々。音声ガイドをレンタルしたので、終始セバスチャンが会場内を案内してくれて飽きませんでした。
セバスチャンの音声ガイドと、会場内のファンの皆さんのこぼれ話を聞いているうちに、黒執事の世界観はなんとなく掴めたのですが。これは引き込まれますね。うん。ヤバイよ。←

展示されてた漫画原稿を眺めながら、
「。。契約か。。。。(遠い目)」っていう感じでね。。←なんか身に覚えがあるらしい

 

闇色の契は。。。陰惨で、滑稽で、そして甘美だ。

 

。。なんつって。←

原作、とても興味深くて面白そうなんですが、いろんな意味でドツボにハマりそうなんで、読むのやめときます。。うん。後ろには引き返せないからね。←

で。
肝心のカスタマイズユノアは、展示コーナーのラストを飾っていました。
いや~。。苦労して作られたんだなぁと。。衣装を見てしみじみ。。
セバスチャン@ユノ兄は、立ち姿での展示。やっぱりあの座りポーズ、長時間は無理だよね。うちのユーリにあのポーズさせる時は、実はお尻の下に支えを入れています。でないと崩れる。
でも、パンフレット画と同じポーズは写真で見る事が出来ました。

パンフレットは買ってよかったです。最後のページに、カスタマイズユノアの写真が載ってます☆
制作者さんのインタビュー記事も載ってました。原画展で展示してあった絵も多数見れて目福。(*´ω`*)

で、その中でも特にツボにハマった絵がクリアファイルになっていたのでお買い上げ。

DSC01376

色々と妄想を掻き立てられる絵は大好きです。なんてったって愛があるよね。うははははwww
入浴剤も後でゆっくり堪能します♪

最後にこんなチラシをもらって帰りました。

DSC01378

凄いなこれ。
だって、これだけしか書いてないんだもの、このチラシ。
こういうセンス大好きですw

というわけで、色々書きましたが、1時間以上じっくり堪能して帰ってきました。
お絵描き方面で沢山刺激を頂いたひと時でした。もうほんとに、周りの事なんか気にしないで、やりたい事に集中しないと、と気合が入りました。
とりあえず、今できる所から、一個ずつ形にしていきますよ。

以上、大阪日帰り旅行のレポートでした☆

にほんブログ村 小説ブログ ローファンタジーへ
にほんブログ村

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。