「修業のお話・第3話」│セレシアお話劇場

では、ミリーが逃亡して人数が減ってしまいましたが、お話の続きをどぞ。

***********

 

DSC00660

 

DSC00662

サクラ「ミリー、ちゃんとおうちにかえれたみたい」
マーシー「なんで判るの?」
サクラ「さっき、ママが「帰ってきたわよ」っていったから」
マーシー「あー、あんたテレパスだっけ。じゃあいいや、ツインテチビの事は忘れて作業の続きを。。。しようと思ったんだけど。。あうーどうしよ~かな~」
サクラ「むずかしいの?」
マーシー「そうなのよ。組み合わせもあるんだけど、どう噛み合わせたらスムーズに。。」

 

DSC00671

ハーミット(にゅっ)「どうしたの?」
マーシー「うああああぁぁあっ!!」

 

DSC00674

マーシー「なにあんた!急に変なとこから現れないでよ!!」
ハーミット「後ろから声かけただけでしょ」
マーシー「ついさっきまであっちに座ってたじゃない!いつの間に後ろ回ったのよ!」
ハーミット「普通に歩いてきたけど」
マーシー「ウソつけ!あんた忍者の類だろ!」
ハーミット「違うよ、ただの修道士だからw」
マーシー「修道士が後ろから女の子に抱き付くのかよっ!」
サクラ「。。。。(わからなかった。。けはいけすのじょうず。。)」

 

DSC00675

ハーミット「それより、今作ってるやつだけど、ちょっといい方法があるんだ。言うとおりにやってみて」
マーシー「え。。。あんた判るの?マジ?」

 

DSC00677

ハーミット「これとそれをこうして。。」
マーシー「。。。こう?」
ハーミット「そうそう、いい感じ。それを基準にするといいと思うよ」

 

DSC00679

マーシー「。。なんとなく解ってきたわ。コツ掴めそう。ありがと」
ハーミット「どう致しまして」
マーシー「ていうか、気が散るから後ろから見るのやめてくんない?椅子空いてるから前に座りなさいよ」

 

DSC00682

ハーミット「じゃあお言葉に甘えて」
マーシー「甘えなくていいから普通に座っててちょーだいw てか、あんたにそんな才能あるとは思わなかったわ。ただの瞑想ニートかと思ったw」
ハーミット「瞑想で得たもは実際に使わなきゃ。頭の中で終わらせるだけなら、この世に生まれた意味も甲斐もないからね」
マーシー「言われてみれば確かにね~。おし、じゃあ気合い入れて完成させっか!やるぞ!」

 

DSC00686

サクラ「。。。。(^^)(じゅるるる~)」

 

***********

というわけで。

やっとハミちゃんが始動しました。(笑)
ちょっと謎めいてる感じの彼ですが、多分次回で、正体割れます。多分。
。。。というわけですいません、次回こそ最終回。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。