「72天使パーソナルチャート」導入に寄せて

■導入に寄せて

「72天使パーソナルチャート」は、「私が欲しいものを私が使いやすいように作る」をモットーに、編纂・執筆しました。

私がこれまでにご提供してきた「72天使」には、3つの版(バージョン)があります。

1版目:「オーラソーマとカバラの72天使」※ボトルの写真が載っているエンジェルシート。
頒布期間:2011年11月頃~2013年7月末まで。
2013年11月オーラソーマ資格喪失の為アフターサポート終了。
(72天使をイクイリブリアムボトルに紐づけて解釈する、オーラソーマ社独自の方法でご提供していたもの)

2版目:「72天使メールリーディング」※ボトル写真無し、解釈内容を大幅に変更したエンジェルシート。
頒布期間:2013年7月~2015年11月末まで。
2016年2月「72天使パーソナルチャート」のリリースに伴いアフターサポート終了。
(72天使からオーラソーマの要素を取り除き、私がこれまで独学で学んできた要素を加え、伝統的なタロットを元に72天使を解釈して、独自色を強めたもの)

3版目:「72天使パーソナルチャート」※現在ご提供中のもの。
頒布期間:2016年2月~頒布中。
2018年11月(※時期は予定。ずれる可能性有)「増補版」発行次第、新たな頒布方法に切り替え、現行のアフターサポートは終了する予定。
(2版目の内容に加えて、72天使の算出方法を私の独自解釈に基づいた算出方法に切り替え、カバラの生命の樹を用いた私独自の内観方法をお伝えする「ワークブック」を添付したもの)

私が一番最初にご提供していた「オーラソーマとカバラの72天使」を今の形の「72天使パーソナルチャート」にまで改変したのは、オーラソーマ社のコンサルテーションをする資格を手放し、私独自の道を歩むことに決めたからです。

現在ご提供できるのは3版目の「72天使パーソナルチャート」のみです。
それ以前の版につきましては、頒布・アフターサポート共に終了しております。
旧版をご購入いただいた方で、アフターサポートをご希望の方は、現行の「72天使パーソナルチャート」を特別価格で頒布しておりますので、3版目への「移行」をしていただけましたら幸いです。
(2018年4月7日のサイト記事「立場を明確にする事」より抜粋・加筆修正しました。)
 

 
「72天使ワークブック」は、私自身が欲しいと思って書き始めたものです。不特定多数の人に広めるために書いたというよりも、私自身のグリモワール(個人的な魔術書)として残しておきたい、というのが制作の動機です。それが人様の役に立つならお分けします、という気持ちで、少しずつですが頒布しています。

私は元々スピリチュアル畑からカバラの世界に入りました。生命の樹を知った時に、まずは自分が学んできた事、体験してきた事を生命の樹に当てはめる作業をしました。この世界や宇宙の構造を生命の樹で説明するものはある程度広まっていて、知識のある人は知っていると思います。同じように、「自分自身」を生命の樹で表し、それに向き合う自己内観的ワークは、知識に留まらずカバラを使って精神修養を実践している人ならば、必ず行っているはずです。

エーテルやアストラルというのは人間が持つエネルギーフィールドである「オーラ」の話なのですが、現在スピリチュアル業界で使われている「オーラ」や「エーテル」「アストラル」という言葉は神智学協会が定義したもので、霊視したものを理論的に言い表す為に、古代から続く世界各地の様々な神話や、インドのヒンドゥー教におけるタントラ、ハタ・ヨガ、チャクラ等を取り入れて作られた、時代的にはかなり新しい、100年くらい前に作られた概念です。それが今も「ニューエイジ」と呼ばれるスピリチュアル業界の人達の支持を得続けています。カバラはもっと古い時代から神秘家や哲人、魔術愛好家の間で受け継がれてきたものなので、神智学は勿論カバラの概念も取り入れているわけです。現在スピリチュアル業界で流布されているカバラの情報は、上記のような経緯で出回っているものが主です。

私自身は、けっして神智学そのものを推奨しているわけではありません。
現在スピリチュアルに関わっている人達は、先人達がそういう「良いとこ取りをしてきた叡智」の流れの先に立っている、という話をしています。今はもう、精神世界の話題を提供する際は、先人たちが作ったその用語を使わなければ話が通じない、という域に達しています。なので私も使っています。

ただ、せっかく良いところばかり集めた叡智でも、高い意識をもって扱わなければ、その叡智は世間から悪しきもの、弊害となるものだとみなされて排除されかねないので、くれぐれも「用法」を守って使わなければならないと私は考えています。
要は使う人次第だと言えます。道具自体は、善にも悪にもなれます。扱う者の意識レベルの問題です。

私は、古いものに固執する必要はないと思っていますし、流行に乗っかろうとも思っていませんが、今を生きる人達の成長の糧になるなら、いろんな所から「叡智の良いとこ取り」をして活用すればいいと思うのです。ただ、一つの流派のやり方にこだわる事や、一つの概念にこだわる事で、思考が硬直して新たなエゴとなり障害となってしまうので、「これが絶対だ」とは思わないで頂きたいのです。人それぞれ個性に合った方法が必ずあります。私がシェアしている方法が、他の人にも必ず合う方法とは限りません。

このワークブックを使う際に意識して頂きたい事が一つあります。
「私はこの地上で何をしたいのか」です。「私はこの人生で、今ここの世界でどう在りたいか」です。
それが今後の具体的な行動選択に結びつきます。だから、生命の樹とにらめっこして「次はここへ行こう」と頭で考えるよりも、もう少し感覚的に、直観的にしっくり来る道を選べばいいと思っています。

カバラを使った意識上昇に関しては、基本的に「これが正解でこれ以外は不正解」というものはありません。だから生命の樹ひとつ取ってもいろんな解釈が存在しています。
このワークブックをお使いになる皆様には、「自分だけの最善の道」を見つけていただければ幸いです。
(2017年11月17日のサイト記事「神性に続くはしご」より抜粋・加筆修正しました。)

72の神性や生命の樹はカバラの教理の一部です。ユダヤ教神秘主義に起源を持ち、クリスチャンカバラの教理として伝わり、そこから独立して高等魔術(儀式魔術)として魔術団体の中で発展してきたツールです。現代に至ってはスピリチュアル系団体にもその教理が広まり、その気になれば一般の人も触れられるようになりました。

「72の神性」は、日本では「72天使」と呼ばれる事が多いです。「72天使」は、人間が持つ「72個の神性」を天使として擬人化し、表現したものです。他に「72の(神の)名前」等の呼び方があります。
「72の神性」を天使に見立てて擬人化して認識する人もいれば、擬人化せずに「自分の魂が持っている72個の性質(個性)」として認識する人もいます。それは伝える人によって様々です。

「72の神性」は主に宗教団体から興り、魔術団体を通して受け継がれてきました。
何千年も過去には、宗教団体が高等教育機関の役割を担っていた事が多かったようですが、学問に限らず、政治にも大きな影響を及ぼしていました。現代でもそういう国はありますが。今の時代は、以前は宗教団体が集約して担っていた役割を、バラバラにして分担しているような社会が多くみられるようになっています。それにつれて人間の考え方もバラバラになって来たような気がします。よく言えば個性化、個別化です。分担した方が都合よい事もあれば、互いの立場が食い違い協力関係が築けない、連携が取れずなにも進展しない、発展しないという事もありますが。

もとい、古から伝わる「秘儀」とは、「高等学問」の事なんですね。現代の教育機関でいうと、大学や大学院で学び研究するような内容に相当します。
カバラの生命の樹や、72の神性(天使)も、高等学問として教え伝えられてきたものです。

「72の神性」を地上でどう扱うか。。「生命の樹」はいわば「数式」「方程式」です。これを使うと大抵の事象を「解く」事ができます。
「生命の樹」にはそれこそ多様な使い方があり、科学的な宇宙構造の説明から会社経営や国家運営戦略にも使う事ができますが、私はこれを一人の人間の自己認識、自己確立、人格形成、霊性の錬磨に使いたいと思いました。今の私の興味が「霊性の向上」に向いているからだろうと思います。(笑)

宗教起源だから、カバラだから、慈善活動や宗教的な事だけに限定して使われるものなのか、というと、決してそうではないです。昔の人はそれこそ教理のや神の名を騙って政治を動かし他国を侵略していましたから、カバラが扱われていた実際の現場はものすごく現実的で、ドロドロしたものでした。

ただ、これはカバラが悪いのではないです。
その「秘儀」と言われた学問であるカバラ(生命の樹、72の神性)を、人間が私欲に使うか、高尚に使うか、公益の為に使うか、その違いだけです。

カバラ(生命の樹、72の神性)はあくまで「道具」です。道具は使う人次第でどうにでも働きます。

「カバラ」は使い方次第でどうにでもなる「道具」だからこそ、ある程度の「人格霊性が完成された人(一定の基準をクリアした人)」、その道具を「良心に基づいて正しく扱える者」にしか、秘儀と言われた学問である「カバラ」を伝えてこなかった。。はずなのです、昔の人はね。

これからカバラや72の神性(72天使)を扱う人には、そういう心積もりをしておいていただきたいな、と思います。

以前、ブログ記事に似たような事を書いた事がありますが、
自身が持つエネルギー(愛情・感情・霊的エネルギー・魔術やヒーリングに用いるエネルギー等)を正しく如何なく扱い、相手に与える為には、そのエネルギーに相当するだけの知性が必要です。
カバラ(俗に高等魔術と呼ばれるもの)はこの「知性」にあたります。

多くの人に電気を供給する事が出来る大きな原子炉(エネルギー・感性)を持っていても、その正しい扱い方(知識・知性)を知らなければ、暴走させてメルトダウンさせてしまう事もあるでしょ。ひょっとしたら、電気の供給を止めて核弾頭を作ってしまう人もいるかもしれない。
だから、「エネルギー(感性)」と「知識(知性)」そして「良心(霊性)」が釣り合ってないとダメなんです。魔術やヒーリングの扱い方の心得はそんな風に例える事ができます。
  
私がご提供している「72天使パーソナルチャート」は、前述した通り、「自己確立や霊性の向上」を目的としていますので、意識の向上や自分の軸を掴むための方法に特化して書いています。
付属している「72天使ワークブック」は、私が読者の皆さんにワークショップを行っているような語り口調で書いています。なので、気軽に読んで頂ければと思います。

具体的には、
72天使、大天使、生命の樹、タロット、陰陽や四元素、占星術などにも触れながら、パスワーキングや内観する方法を書いています。

まだまだ至らない点が多くて、加筆した方がもっと理解が深まると思う部分がある反面、ここから先は自分で調べた方が自分の為になるよ、と思う部分もあります。
それらの兼ね合いを踏まえながら、後々このサイトで追記をしたり、ご質問に答えようと思います。
私自身もまだまだ調べたり内観したりと発展途上です。少しずつ独学を進めています。
私の中での内観や学びがひとまとまりし、区切りがつきましたら、また改めて形にして、皆様にご提供できればいいな、と思っています。

こちらも併せて読んで頂ければ幸いです。
「72天使メディテーションシート」について
「72天使パーソナルチャート」について
「72天使パーソナルチャート」ご提供開始します

・その他、このサイトで公開している72天使関連の記事はこちら
・クライエント様から頂いたご質問への回答記事はこちら
・ご購入いただいた方からのご感想をこちらに掲載しています
・72天使のエッセンスをカードにしたTwitterbotはこちら
・「72天使パーソナルチャート」頒布カートはこちら
 
 

にほんブログ村 美術ブログ ヒーリングアートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ローファンタジーへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。