「素の私」│譚歌・フォトグラフィ

今回は、ほとんどドール記事です。(笑)

お盆休みはのーんびりと、ただひたすら何もしないでおやすみしてました。
というか、休息が必要な時期でした。睡眠取らないと本当に動けなくなるね、歳取ると。(笑)
静かに心身を休める傍ら、部屋をちょっぴり模様替えしてました。
絵や物作り用の作業机とパソコン机を分けないと、どちらか片方の作業が滞る。それで小さなPCテーブルを置く為に部屋をスッキリさせました。
スッキリ。。。したはずだ。だってテーブル入ったんだから。うん。←
お陰様で作業机がスッキリしまして。。机の上のドール置き場も一緒に模様替えを。
まだ未完成ですけどねー、ここに少しずつ装飾を足していったり、ドールスタンドの色を変えたり、小物を作ってあげたりしないと。。

ついでに、うちの天使達をご紹介。やっとお披露目できるレベルまで来たので。
左から、ダンくん、ハナちゃん、サラちゃん、ユリちゃん、そしてセラ。
私の72天使勢ぞろいでございます。

素体はミニスウィーツドール。メイクはダンくん(リーク)以外全員カスタムしています。

衣装手作りしましたぁぁぁぁぁ。←

実は、今まで服なんて作った事なかった。
お裁縫なんて、今まで子供の通園用のブックバックや体操服入れくらいしか縫った事なかった。もう何年前の話だよ。。
型紙作れるような腕は勿論ないので、無料配布のものを頂いて、細かい所は手縫いで、スカートはミシンで。。
コツがわかるとすごく簡単なんだけど。。今までそれが全く出来なかった。チャレンジはしたことあるんですよ。でもどうしても、端っこ処理と繋ぎ合わせが上手く出来なくて挫折してました。ははは。何故か急にできるようになったんですけど。。何故だろう。型紙配布ディーラー様の説明が上手だからですねきっと。
オビツ11っていうサイズも良かったのかもしれないなー。少ない布で、縫う範囲も少なくて済むから。。
今まで出来なかった事が出来た時の達成感ったら半端なくてですね。。すっげー嬉しい。ちょっと自信ついた。(笑)
ドレスの完成イメージは最初からあったので、スカート丈や袖をアレンジして、それぞれの天使の個性が出るようにしてみました。
レースを使ったのは正解だったな。。天使のイメージにもぴったりだし、ほとんど端処理しなくていいから。初心者にはありがたい素材だった。
男性陣は銀装飾で、女性陣は金装飾で統一してみました。

ちっちゃい子はいいな。。扱いが楽で可愛くて。。机の上で小人さんのように働いてくれるし。。いや天使だけど。(主にインスタグラムでw)
飾り台に凝るのもいいんですけど、作業の邪魔にならないようにコンパクトに収めたかったので、ごくシンプルな飾り方です、今の所は。

作業机の真正面、天使達の背後にはメディテーションシート。。を、真っ二つに切って横に繋げたものを貼り付けております。(笑)
これは机のスペースの問題で。。。もっと高さがあれば切りませんでしたけどね。とにかく全員分の名前が見えるようにしたかったのでこうなりました。

72天使以外にも具現化した子がいます。

最近ようやく「取り戻した」この二人。
左は、マリさんの「今の姿」、隣はマリさんの「地の力」。。いわゆる「龍神」です。
頭の中が整理され、混乱から解放されると、上の次元に繋がり始めた一番初期の頃に見えていた、この二人が帰って来てくれました。
当時は彼の事をドラゴンだなんて思ってなかったし、どちらかというとダンくんのエネルギーを地上向けに降ろしたらこうなった(つまりダンくんの下次元)、っていう感じもする。ミカエル似のダンくんに見えたり、龍の姿にも見える時があるから、臨機応変にエネルギーを使いこなしてるのかな、と。

この龍神くんは、天使達よりも地上に近い次元で私の事を助けてくれる存在だと感じます。私の昔のブログを読んでた人は覚えてるかなぁ。。「佐守(さがみ)」くんに姿も性格もそっくりです。というか「佐守帰ってきた!\(^o^)/」って思ったんですよ。

「佐守」という名前は中学生の頃につけました。漢字と読みがパッと浮かんだのでそのまま名付けたんですが、その頃から見えていたんですよ、この人。
エネルギー的には地の精霊や悪魔の質に近い所もあるようなんだけど、その強暴なエネルギーを冷静沈着に扱いこなす、軍人的なイメージです。この子には是非とも軍服を着せてあげたい。

マリさんも、最初の頃は金髪じゃなくて黒髪でした。その当時の姿にかなり近い状態で見えています、今は。
ただ、今は当時よりもずっと軽やかで、自然体で、穏やかなイメージで見えているので、私も少しは成長したかなぁ、と思ったりして。

実は当時、マリさんは二人に分裂して見えていました。同じ姿で目の色と性格だけ違う双子みたいな感じ。
ひとりはじゃじゃ馬娘でその当時から剣を振り回し、もうひとりは内向的で思い詰めた顔してずっと湖のほとりに座り込んだまま動かないでいた。
湖というのは。。心理学的には深層心理への入口を表すらしいですね。
私は、その湖の中には苦しみがあると、漠然と「知って」いました。それでずっと、水面を見つめて悲しい顔をしていた。

セラが以前、その湖に沈んでいくように降りて行って、透き通った綺麗な湖の底にある、ブラックホールみたいな暗闇に落ちていきそうになった時、ラファ(私の神性)に引き揚げられて助けられ。。セラはそのままラファにしがみついて泣いていたことがあったんだけど、まあ、詳細は省略。
その頃からセラとマリはペア(ツイン)みたいだったな。佐守とじゃじゃ馬娘もペアだったから、あのじゃじゃ馬は佐守の性質を反映していたのかもね。(※当時のブログではこの2組の事をツインだと書いてました)

でも私の中のじゃじゃ馬娘は、高次に行くとサラちゃん(ハート・エンジェル)の姿になるのですよ。彼女はそこから私のハイヤーセルフに繋がり、ハイヤーセルフと連携するようになる。
彼女は生命の樹でいうとハート・エンジェル経由でティファレトに繋がるルートを通る「パス」なのね。
だから同じ慈悲柱にいるダンくん(佐守)と仲良くしたがっていたわけだ(私の場合は、ダンがいるセフィラを通らないとサラがいるセフィラには辿り着けない)。じゃじゃ馬娘の本来の姿を体現するにはまず佐守くん(ダン)に繋がることが必要。。なるほどな。と思いました。

マリさん(湖のほとりで座り込んでいた子)の場合、彼女が高次に行くと金髪のインナーチャイルドに変化し、更に高次に行くと、ハイヤーセルフそのものに変化していくのです。だから、彼女の方がハイヤーセルフと統合するのが早かった。
だからこの子は、均衡柱を通って真っ直ぐ私の神性へと上昇していく「パス」なのだ。
こちらはずっとセラ(ガイダンスガーディアン)がくっついてサポートしていました。

ちょっと今までのおさらいみたいになったな。。でもこんな視点で自分がやってきた事を振り返ったのは初めてだ。
書いてみて、あらためて気づく事ってあるんだなぁと。。いつもながら思わされます。

他にもイメージとして出てきた子は色々いるんだけど、ドールでそれを全部表現する為には軍資金や物理的なスペースが大量に必要なので、正直難しい。
ドールで表現できないものは、絵を描いていこうと思います。多分その方が私の心身にとっても良い影響があるだろう、と感じています。

絵は苦手なんだけど。。いいや、もう言い訳して先延ばしするのはやめよう。とにかく描き始める。その為に部屋片づけたし。
絵はいいよね。思考を黙らせることが出来るから。絵に集中してるとすごく解放される。

もとい、写真の二人の服は既製品なので、近いうちにお洋服を仕立ててあげようと準備だけはしてます。。完成までちょっと待っててね。
今回、顔だけは完成したので、とりあえずお披露目しました。

お洋服を仕立てると言えばもう一人。。。
ソラムさんの服を作らなければw
この前からずーっと、水晶風呂に浸かったまま出てきません。。。気持ちよさそうですけどね。。お洋服が完成したら、多分出て来てくれると思います。うん。
ソラムさんの素体は、だいぶ前に身長を高くするカスタムをしました。ピコオビツ13カスタムというやつです。オビツ11よりも手足が長くなっています。あとはメイク直しをちょっとしてあげたいね。

というわけで、
とりあえず譚歌と桜荘園カテゴリーは、マリ&佐守と72天使達。
と、私以外の一番身近なサポーターである、ソラム&リタと今カレ。
というメンバーでお送りしていきます。多分。
 
 

にほんブログ村 美術ブログ ヒーリングアートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ローファンタジーへ
にほんブログ村

は?今カレ?
夫だよ。←