バンスにお湯パーマをかけるよ│アウトフィットカスタム

自分の内側が急激に変化している真っ最中なんだけど、あんまり詳しく書きたいと思わないな、今は。

というわけで、ちょっとドールいじりしますよ。
イーリス兄さんが付けてる、ウィッグのしっぽ。↓

DSC00264このくるくるカールのバンス、2個セットだったのでもうひとつあるのですが、別の子に使う為に真っ直ぐストレートにしたい。
ので、初めて自分でお湯パーマしてみました。

 

DSC00258お湯を沸かして、その中にどぼーん。(笑)
いや、もう少し整えてから入れたら良かったなーと後から思いました。

 

DSC00259はい、真っ直ぐー。
後ろに余計なものが映ってるけど気にしない。しかもピントが合ってないけど気にしない。

 

DSC00260すぐ隣に用意していた冷水で冷やす。
お湯パーマって良いですね。失敗しても温めたら何度でもやり直し効くし。
ストレートならかなり簡単。

真っ直ぐになったら、水分を拭き取って。。。

 

DSC00261干す。(おい)
。。。いや、どうせこの人に付けるつもりだったから横着しましたすいません。
ちなみにこのウィッグとバンスは、LEEKEさんの耐熱ウィッグです。

 

DSC00272ほぼ乾きましたので、しっかりとバンスを固定。
くっつける所をあらかじめゴムでくくっておくと引っかかりが出来て、多少引っ張っても落ちませんね。
ネックは、ストレートに戻した事でバンスの根元の「地」が少し見えるようになった事。これはセットの仕方で上手く隠せるのでとりあえず問題なし。

 

DSC00271

というわけで、ダニエル=ユーリの新しいウィッグ、これで完成です♪
そういや、ユーリはフェイスもカスタムやり直したんでした。この写真のフェイスはゼストのデカダンを開眼カスタムしたもの。

私の中の「叡智」くんとインカネーション・エンジェルが統合したのでユーリにも変化があったわけですが、何というか、「中庸」という感じがするんだよね。
「高い」だけじゃない、けど「低い」訳ではない。「真ん中」を行ってる感じ。
高次に偏っていた天使に叡智くんがアンカー(碇)としてくっついたような、地に足が付いたような感じもします。
何より、「自分だけのダニエルになった」という印象が強いです。

我が家の72天使、色々変容中です。またそのうち、他のメンバーのお披露目写真をアップ出来るといいな。

まぁそんな事はお湯パーマとは関係ないのでこの辺で。

 にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

正直な所、このカスタムしたら次元下がるかなぁって思ってたけど。。いざ完成してみると、以前より上品になってお貴族様の雰囲気さえ漂ってるよユーリw