「ありがとう」│セレシアお話劇場

前回、ユーリとフローラは元の姿に戻りましたが、ジェイくんはどうなったでしょうか。
続き見てみましょう。お話写真どぞ。

***********

 

DSC01966マーシア「髪の毛の色が元に戻ったのね、お兄ちゃん」
スマラ「目の色も変わっちゃったわ~!これなら双子ちゃんだって分かるわ~☆」
ジェイ「あ。。でもまだ仮だからな、このウィッグ。今オーナーが新しいの頼んでくれてるんだけど。。」

届くのにちょっと時間がかかるんで、しばらくそのウィッグで我慢してくださいw

  DSC01968ユーリ「お、だいぶ白くなったじゃないか」
ジェイ「え。。。」

 

DSC01971ジェイ「あんた。。誰?」
スマラ「じゃーん☆さっきジェイくんを踏んづけてた、おにたんでーす☆」
ユーリ「鬼じゃないぞw天使だからなw」
ジェイ「はぁっ!?うっそぉっ!!」
ユーリ「驚いたか?お前と同じでアイとウィッグと衣装を変えただけだぞw」
ヒューイ「すごい別人。。(ぼそり)」
マーシア「ユーリ、久しぶりだわ。。」
ユーリ「ああ。元気だったか、マーシア?」

 

DSC01974マーシア「ふたりとも、元に戻って良かったわ」
ジェイ「でも。。俺、ずっと一緒だったあいつの事見捨てちゃった。。俺の事ずっと手伝って。。守ってくれてたのに。。」
ユーリ「あいつならちゃんといるぞ」

 

DSC01976ジェイ「えっ」
ユーリ「どうしてもお前と一緒に居たいんだと。正直なところ、ここ以外に行き場がないんだ、あいつには」

 

DSC01977ユーリ「ほら、そんな所で突っ立ってないで、こっちに来いよ」
ジェイ「。。。!」
スマラ「!!」

 

DSC01979スマラ「リンちゃん!!リンちゃんだわっ!!なんか居なくなったと思ったらジェイと一体化してたのねっ!!」
リン「やあ。。久しぶり、ちび姫。ちょっと見ないうちにますます可愛くなったね」
スマラ「いやぁ~ん☆リンちゃん会いたかったわぁ~♡!!」

 

DSC01980ヒューイ「(!!。。。。。。。。ラ。。。。。ライバル。。。。。)」←

 

DSC01982ジェイ「。。。リン。。。ホントにリンだ。。」
リン「ジェイ。。」

 

DSC01983ジェイ「うわあああん。。!!ごめんよ。。。っ!!」
リン「いいんです。。僕が傍に居ると、あなたがみんなから忌み嫌われてしまうから。。本当は、居なくなった方が。。」

 

DSC01989ジェイ「好きだよ。。!!ずっとそばにいてよ。。!!」
リン「。。。。。ありがとう。。。」

 

DSC01992ユーリ「感動の再会を邪魔して悪いが、そろそろ座らないか?」
スマラ「リンちゃんが何してたかお話ききたいわぁ~☆」
リン「はい。。じゃあ、座りましょう、坊っちゃん」
ジェイ「うん。。。」

***********

というわけで。
以前、「リン・シド」としてうちに居た彼が、「本来の姿」になって帰って来ました。
ソラムさんには、「具現化すると投影する奴がいるからやめておけ」と言われたんだけど。。
いつも私の為に尽くしてくれてるリンちゃんには、彼の「居場所」を作ってあげる事くらいしかできないので。

そんなわけで、オクに出そうと思っていた「妖精肌ヴィエル」ですが、出せなくなりました。
その代わり、「ユノ兄カイル」を近日中にヤフオクに出します。
オマケいっぱいつけますので、気になる方はチェックしてくださいませ。
ひょっとしたら、事情で出品予定が変わるかもしれませんので、削除します。すみません。

リンちゃんの四方山話は、また写真が撮れたらアップ予定。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村